経験した働き方といえば、お勤めしかしたことがないママにとって、フリーランスに転身したり、副業を始めることによって、知らない、やらないでは済まされないのが確定申告。

自分では分からないしやりたくないから、税理士にお願いするというのも一つの策ではありますが、税理士にお願いするということは、当然費用がかかります。

フリーランスになったばかりだったり、副業を始めたばかりならなおさら、お金をそこにかけたくないというママは少なくないでしょう。

すでにフリーランスとして活動している人達の調査結果を見ても、確定申告自体が面倒に感じているフリーランスは、約8割と大半を占めます。

そこで今回は、2人の娘を育てるママ税理士、久保佑紀さんに取材!

確定申告の時に慌てなくて済むための、簡単経理についてや、間もなく始まるインボイス対策について教えていただきました。

経理とは

子育て世代において、フリーランスになることは、仕事と育児の両立を実現しやすく、非常に相性のいい働き方です。

しかしながら、継続的な両立を実現するためには、決してオーバーワークになることなく仕事量を変えずに時間を圧縮、つまり効率化が欠かせません。

お金、時間、経営という3つの柱の中で、最も効率化が必要とされるのが時間です。

時間を効率化することで、経営に関する時間を確保することができるため、新たな投資や利益を回していくことに繋がるからです。

時間を効率化する上で、大切にして欲しいこととは、効率的な経理処理をすることです。

そもそも経理とは、経営管理であり、お金と会計、税金を管理すること。

経理によって明確になった数字を指標として、事業の守りを堅め、攻めに活かすことなんです。

経理の流れとしては、おもに“収集”をして“記録”に残し、そこから“経営分析”をするわけですが、多くの人が“収集”と“記録”に時間をかけ過ぎてしまう傾向があります。

実はこれが、時間を効率化できていない原因なんです。

本来時間をかけるべきところは“経営分析”ですので、“収集”と“記録”の効率化をすることに、フリーランスの方や副業をしている方は重点をおいてください。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます