フォトギャラリー【材料・作り方】ジャムを使った簡単「冷凍肉レシピ」フォトギャラリー
  • スプーン不要で使えるアヲハタ Spoon Free りんご、アヲハタ Spoon Free オレンジと定番商品のアヲハタ 55 オレンジママレード
  • 特売や割引品で買って冷凍しておいたお肉類。ジャムを使うと柔らかくジューシーに仕上がるのか試してみます!
  • アヲハタ Spoon Free オレンジを使った「かんきつ香る照り焼きチキン」の材料 ※写真は2人分
  • アヲハタ Spoon Free オレンジを使った「かんきつ香る照り焼きチキン」1.ジッパーつきの食品用保存袋に鶏もも肉と調味料を入れます
  • アヲハタ Spoon Free オレンジを使った「かんきつ香る照り焼きチキン」1.ジッパーつきの食品用保存袋に鶏もも肉と調味料を入れて揉み込み、冷蔵庫で30分置いておきました!

冷凍庫に保存しておいたお肉を調理して食べた時「なんだか固い」「味の劣化が気になる」なんてことはありませんか?

特売や割引になっていると、ついつい買って冷凍保存しがちなお肉。せっかくならおいしく食べたいですよね。

そんな時に使ってみて欲しいのが、普段パンに塗ったりヨーグルトにのせたりすることの多い「ジャム」! 普段使っているジャムを調理に使うことで、お肉がぐっと柔らかくなるんです。

ジャムでお肉が柔らかくなるのはなぜ?

アヲハタ株式会社が行った調査によると、冷凍肉の調理にジャムを使用することで、ジューシーで臭みも感じにくいという結果になったのだそう。これは、人の五感だけでなく物性評価でも判明しているのだとか!

果実由来の酸で肉の筋繊維がほぐされたり、ジャムのペクチンや糖が加熱時のタンパク質の硬化を抑制したり……同じ甘味成分である砂糖を使った場合より、お肉がやわらかく仕上ることが分かっています。また、フルーツの香りによってお肉の臭みを感じにくくなるなど、うれしい効果が盛りだくさん!

今回は、冷凍肉をおいしく食べられるアヲハタジャムを使ったレシピを3つ、実際にライターが作ってみてご紹介します。

ちなみに冷凍していない肉の場合でも、同様の効果が確認できているとのことなので、お肉をもっとおいしく食べたいという方もぜひチェックを!

アヲハタジャムを使ったお手軽レシピ3選

スプーン不要で使えるアヲハタ Spoon Free りんご、アヲハタ Spoon Free オレンジと定番商品のアヲハタ 55 オレンジママレード

今回紹介するレシピで使うのは「アヲハタ Spoon Free りんご」「アヲハタ Spoon Free オレンジ」「アヲハタ 55 オレンジママレード」の3種類。

「アヲハタ Spoon Free」は、スプーン不要で使えるボトル容器商品で、「子どもでも使いやすくて助かる!」との声が多い、2022年発売の商品です。

これらの商品を使って、早速お肉を調理してみました!

1:漬け込んで焼くだけの「かんきつ香る照り焼きチキン」

材料(2人分)

・鶏もも肉…1枚 (250g)
・サラダ油…大さじ1/2
・リーフレタス…2枚(40g)※付け合わせ

Aしょうゆ…大さじ1
A酒…大さじ1
Aおろししょうが(チューブ入り)…5cm(5g)
Aおろしにんにく(チューブ入り)…5cm(5g)
Aアヲハタ Spoon Free オレンジ…大さじ2

作り方

1.ジッパーつきの食品用保存袋に鶏もも肉とAを入れて揉み込み、冷蔵庫で約30分置いておきます。

2.フライパンに油をひいて熱し、1.の鶏もも肉を入れて両面焼きます。お肉が焼けたら、保存袋に残ったタレを入れて、味をからめましょう。

3.器に盛り付けて、リーフレタスを添えて完成!

調味料に漬け込んでから焼いているため、少し焦げやすいので、火加減を調節しながら焼きましょう。

アヲハタ Spoon Free オレンジを使った「かんきつ香る照り焼きチキン」の調理例 ※写真は4人分

焼いている瞬間からとても良い匂いがしたこちらのレシピ。出来上がりも照り照りで、すごくおいしそう〜!

一口食べてみると、お肉の柔らかさに衝撃! 割引品でGETして、冷凍庫に保存しておいたお肉がこんなにジューシーに仕上がるなんて感動です。冷めてもお肉が柔らかいままなので、お弁当のおかずとしても活躍してくれそうですよ♪

「ハピママ*」更新情報が受け取れます