出会いを求めて参加する婚活イベント。おもしろそうではあるものの、参加する勇気がなかったり、いい相手に出会えるのか心配だったり……一歩進めずにいる人もいるかもしれません。

そこで、今回は参加しやすいオススメの「変わり種婚活イベント」を紹介します。

1.自分の直感を大事にできる「歌垣風呂

最初に紹介するのは、銭湯で行われる「歌垣風呂」。歌垣とは、古代からある婚活のことで、「垣」の周りに集まった男女が顔を見ずに歌を贈り合うというもの。

主催者の陸奥賢さんによると、現代版歌垣風呂を企画したきっかけは、銭湯を盛り上げるためだったのだとか。参加者の傾向としては、お風呂や短歌が好きな人が多いそうです。

現代の歌垣でも肝心なのは、参加する異性の顔を見ないことです。そのため、男性と女性は時間差で集合し、男湯と女湯にわかれて待機します。

大まかな流れは、以下の通り。

  1. 与えられたお題に沿った短歌を考え、防水メモに書く
  2. 自分が作った短歌を発表する(1〜2を2回行う)
  3. 「いいな」と思った相手の番号を防水メモに書き、スタッフが回収する
  4. ゆっくりと入浴&着替え
  5. 交流会&結果発表

異性の顔が見えないのはもちろん、参加者に関する事前情報もありません。つまり、相手を判断するのは詠んだ歌や声、話し方のトーンくらい。判断材料がほとんどないとなると、頼りになるのは自分の直感のみ。はたして、いい相手に出会えるのでしょうか。

「相手に関する情報がない分、加点方式で相手を知ることができるという良さがあります。フィーリングで相手を選ぶため、会話も盛り上がることが多いですよ。話をするうちに、共通の知り合いがいたり、住んでいる地域が近かったり、意外な共通点を見つける方々も多く見受けられます」

ある参加者からは、「歌垣風呂は優しい」という感想を聞いたこともあるそう。自分の容姿やスペックをジャッジされることの多い婚活パーティーに疲れてしまった人には、特に新鮮に感じられるかもしれません。

参加費:3,000円

2.高スペックな男性に出会える「バチェラー婚

1人の高スペックなイケメン男性の心を射止めるために、複数の女性たちが競い合う。TV番組を再現した「バチェラー婚」は、男性最大5名、女性最大20名の人数で開催されます。

番組では、外見や条件のよさはもちろん、身のこなしもエレガントなバチェラーが女性達を魅了しました。バチェラー婚活では、どんなバチェラーに出会えるのかが気になるところ。男性側は、以下の条件を満たした方のみ参加できます。

  • 高収入・高学歴(大卒&年収700万円以上〜)
  • 人から容姿を褒められる
  • 女性への気遣いができる

上記の条件に加え、別の企画で行われた婚活パーティで女性人気が特に高い男性には、スタッフが直接声をかけて参加してもらうこともあるそう。女性同士の壮絶なバトルも番組を盛り上げていましたが、バチェラー婚でも見られるのでしょうか。バチェラー婚を運営する株式会社IBJの広報・椎名さんは次のように話します。

「TV番組のようにあからさまなバトルはありませんが、内に秘めた闘志はあるかもしれませんね(笑)。エンターテインメント感覚で参加できるため、参加者同士の自然な笑顔が引き出されると思っています。また、女性同士で仲良くなる傾向もあり、中にはパーティー後に女子会を開かれる方々もいます」

共に闘った女性達の間には、仲間意識が芽生えるのかもしれません。最後には、バチェラーが意中の女性へバラを贈る“あのセレモニー”も行われます。バチェラー婚のメリットを担当者は次のように話します。

「女性側は『多くの女性たちの中から選ばれた!』、男性側は『たくさんの女性たちの中から選んだ最高の女性』という気持ちが芽生えるため、最初からお2人の温度感が高いことが多いです」

シンデレラ気分を味わいたい人はもちろん、番組のノリを体験したい人も参加するため、気負わず参加できそうです。

参加費:男性1万円、女性3,500円

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます