FFGが語るふんどしの魅力

「ふんどしプァッションナイト」に参戦した3人のFFG――慈雨さん、鉄観音サワラさん、めらみるくさんにふんどしの魅力を聞いてみました。

慈雨さん

慈雨さんは、普段はコスプレイヤーとして活動し、撮影会のモデルを務めたり、ROM写真集の制作&販売を行なったりしています。今回「人生で初ふんどし」ということで、とても新鮮だったそうです。

――初めてふんどしを締めた感想を教えてください。

ふんどしを締める前は不安でしたね。布一枚で大切なところを守れるのかなって。だから、最初は、パンツの上からふんどしを締めたんですよ。

そうしたら、「あれ?パンツ要らないな。邪魔だな」となりました。ふんどしが大切なところをきちんと守ってくれるんですね。結局パンツを脱いで、ふんどしだけになりました。

――慈雨さんが考えるふんどしの魅力を教えてください。

ふんどしはゴムを使っていないので、ゴムの跡が全然つきません。「ゴムの跡が嫌だな」と思う人にはお勧めですね。

私はいつもパンツを穿いているので、ゴムの締め付けを「痛い」とは思いません。でも、ふんどしだと、ゴムの締め付けが無いことを実感できます。さらに通気性も高くて、パンツのときよりも快適になりました。

皆さんも、ふんどしを一回は試してみてください。いろいろな発見があると思います。

――ふんどしのファッション性についてはどう思いますか?

ふんどしには、「お祭り」「白いふんどし」のイメージがありました。でも、東京棲んでるガールズさんのふんどしは、ボーダーや花柄、苺柄などから選べるので、急にオシャレな感じになりましたね。パンツは柄や色で選べますが、そういうバリエーションをふんどしでも楽しめます。柄や大きさ、素材をいろいろ選べるふんどしはファッション性が高いと思います。

今後はふんどしを使ってROM写真集を作ろうと思っています。ふんどしと出会えて本当によかったです。

鉄観音サワラさん

フェティッシュなコスプレで絶大な人気を誇る鉄観音サワラさんは、「ロー協!」公式モデルも務めます。ローレグやローライズを着用することが多いサワラさんですが、ふんどしは初めての挑戦だといいます。

鉄観音サワラさん

――サワラさんが考えるふんどしの魅力を教えてください。

ふんどしは通気性がいいので理に適っていますね。大切な部分が蒸れないんですよ。

ファッションとしても魅力的です。東京棲んでるガールズさんのふんどしは、柄で遊べますし、締め方によって見せ方も変えられます。アンダーも選べるので、選択肢が普通の下着より広いのかな、と思います。

――サワラさんが着用しているふんどしはイチゴ柄ですが、何かこだわりがあるんですか?

あっ、これですか?

本当はボーダー柄をお願いしたんですけれども、東京棲んでるガールズさんから、なぜかイチゴ柄が届いたんですよね(笑)。

ただ、サイズにはこだわりました。東京棲んでるガールズさんのふんどしには、大きいサイズと小さいサイズがあります。私は、小さいサイズの“ピチふん”(ピッチリフィットするふんどし)を選びました。こちらの方がコーディネートしやすいですからね。

――ふんどしを使った活動を今後も考えていますか?

ふんどしを使って撮影してROM写真集を作りたいですね。私は衣装を考えるのが好きなので、ふんどしに合わせた衣装が既に何パターンか頭の中にあります。それらを実現したいと思っています。

めらみるくさん

FFG研修生として自らの活動を研究中のめらみるくさんは、ショーなどへの出演時に何回かふんどしを着用した経験があるといいます。

ハララビハビコさんと抱擁するめらみるくさん

――めらみるくさんが考えるふんどしの魅力を教えてください。

ふんどしは化繊じゃなくて綿なので、肌触りがとてもいいんです。肌が荒れなくて助かりますね。そして、綿のふんどしは通気性がいいので、夏は水分が発散して蒸れず、冬は暖かいんですよ。

――めらみるくさんが着用しているふんどしについて、見てもらいたいポイントはありますか?

このイチゴ柄のふんどしは、ひものリボンの色が布地と違っているんです。ヒモパンみたいなところがチャームポイントですね。

――これからもふんどしを使っていくつもりですか?

今回のふんどしは越中ふんどしですが、次は、東京棲んでるガールズさんに六尺ふんどしを作っていただけたらなぁ、と思っています。六尺ふんどしを締める方々が多いので、私も締めてみたいんですね。だから、かわいい六尺ふんどしがあったら嬉しいです。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます