これが水族館!? 想像以上の「性」表現

まず目に飛び込んだのは、ごく普通の(?)水槽。ほっ。説明パネルには、サンゴの産卵をサンゴ女子とした擬人化イラストが描かれているため、親近感が湧いてきそうです。

しかし次にあったのは、のぞきBOX。ハート型の穴に誘惑され、ついついのぞいちゃいました。

うーん、これは……人間だとモザイクが必要な映像だなぁ。それにしても、水族館で「見る」のは普通の行為なのに、「のぞく」となると何故イケない気持ちになっちゃうのでしょうか?

複数あるのぞきBOXに加えて、おさわりBOXもあります。特別にそのうちのひとつをご紹介。

なんと凍ったサメ。人間のChinChin♪に当たる「クラスパー」という部位が2つもあるんです! せっかくの機会、じっくりと触ってみましょう。サメ肌が本当にザラザラというのもわかります。

ほかにも、横から触ったあとフタを開けて中身を知るおさわりBOXもあり、遊び心満載です。

生態ならぬ「性」態診断もありました。男女別に分かれているため、カップルでやってみると意外な野性的性癖を知ることになるかも……?

友達同士の場合、インスタ映えするフォトスポットも楽しいでしょう。ネオンきらめく夜の水族館で、ムーディーな雰囲気の中で泳ぐ魚たちとの撮影が可能です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます