マスクだけはどこに行っても見つからない…。ガーゼも売り切れで、途方に暮れている。

そんな私たちに救世主が現れました。

SNSやニュースなどですでに注目を浴びている『なんでもマスク』が4月13日以降、再販の予定です。

なんでもマスクにする「なんでもマスク」

生活雑貨品の企画・販売を行うA.Y.Judieは、新型コロナウィルスの影響で続くマスクの品薄状態に対応するため、端についたクリップを生地に留めることで、文字通りどんな生地も簡易マスクにできる、マスク用ストラップ「なんでもマスク」を開発しました。

簡易マスクは、衛生マスクとは異なり感染リスクの軽減やアレルギー反応を防ぐものではないものの、マスクを着用することで飛沫防止ができ、顔を触るのを防ぐ効果が期待できます。

サイズは2種類

「なんでもマスク」は、大人・男性向けのゴム長さ18cmと子ども・女性向けのゴム長さ15cm(子ども・女性向け)2サイズ展開となっています。

ストラップの色はホワイト、ブラック、ピンク、ブルーの4色展開です。

市販のペーパータオルやガーゼの端にクリップ部分を挟んでマスクにでき、ストラップは日本製のゴムひもが使用されており、耳が痛くなりにくい平紐仕様。

クリップはオール樹脂製で丸みを帯びた形状で、直接触れても皮膚を傷つける心配がありません。また、挟んだら離さない強いグリップ力があります。

伸縮性もあり、老若男女問わず使用可能です。

これさえあれば、マスクが無くても焦らずにいられそうです。

公式サイトによると、4月2日に予約販売を行ったところすでに完売になっており、次の入荷は4月13日以降順次入荷とのことです。次も売り切れが予想されますので、気になる方は公式サイトをチェックしてください。

備えあれば憂いなし。マスクが安定供給されるまで、なんとか乗り切っていきたいものですね!

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子はボウズ2人。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます