好きな人や彼氏が、仕事が忙しくてなかなか会えない。

そんな時、「LINE」は便利なコミュニケーションツールですよね。しかし、気軽に送ることができてしまう「LINE」だからこその落とし穴もあります。

うっかり残念LINEを送ってしまい、2人の関係がうまくいかなくなってしまった、なんてことも。

今回は、実際に男性に聞いた意見をもとに、「忙しい男性に絶対に送ってはいけないLINE」をご紹介します。

忙しい男性に絶対に送ってはいけないLINEって?

1:長文LINE

「忙しい時にひと画面にズラーっと字が密集してるLINEがくると、返信するのが面倒になってしまいます。

疲れてる時に読むだけでもさらに疲れるっていうか(笑)」(30歳/営業)

男性に不人気な長文LINE。

基本的に男性はLINEを簡潔なコミュニケーションツールとして考えている傾向が強いです。忙しい男性なら尚更でしょう。

好きだからこそたくさん伝えたいことがあるのはわかりますが、彼を疲れさせてしまっては本末転倒です。

返信のしやすい、簡潔なLINEを心がけましょう。

2:返信がないことを責める

「忙しいと、LINEを読んで自分の中で完結させてしまって、つい返事を忘れちゃうこともある!

そんな時に、『既読無視?』とか『返事できるよね?』なんて責めたような内容の連絡がくると、あ。無理だな。ってなっちゃう」(27歳/営業)

読むだけ読んで、つい返事を忘れてしまうなんてこともありますよね。

そんな時に圧を感じさせるようなメッセージを送るのは絶対にNGです!

返信がないけれどどうしてもLINEしなくてはいけない時などは、返信がないことは責めずに、さらっと別件で軽い連絡をするのが無難でしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます