「私のこと、好き?」そう聞いたときの彼氏の返事が「普通に好きだよ」だった経験はありませんか?

「うん、好きだよ」でも「一番好きだよ」でも「好きに決まってるじゃん」でもなく、「“普通に”好き」。

“普通に”とはどういう意味なのか。好きは好きだけれどそこまで深くはないレベルなのか。ちょっとモヤモヤしてしまう女性も多いのではないでしょうか。

どうして男性の中には“普通に”を付ける人がいるのでしょうか。その理由をご紹介します。

男性の言う「“普通に”好き」の意味

男女で違う“好き”の範囲と傾向

まず、女性にとっての“好き”と、男性にとっての“好き”を比べてみましょう。

女性は異性と出会ったとき、頭の中で相手の男性を「好き」「どちらでもない」「どうでもいい」の3つに分類します。そしてその中でも「どちらでもない」の範囲がかなりの割合を占める傾向があります。

女性の場合、男性を「いいなぁ」と思うのはかなりピンポイントなのです。

一方、男性が異性と出会ったとき、頭の中で相手の女性を「好き」か「どうでもいい」のほとんど2択に分類します。そして範囲の割合は「好き」が多くを占める傾向があります。

この“好き”の分類方法の違いが、男性に「普通に好き」と言わせるのです。

“普通に”好き=“落ち着いた”好き

女性にとっての異性の分類は「好き」「どちらでもない」「どうでもいい」の3つ。中でも「どちらでもない」がかなりの割合を占めます。

さらに“普通"という言葉には“平均”という意味合いも含まれています。

このことから多くの女性は「普通に好き」と言われると、分類の真ん中である「どちらでもない」を意識してしまうためにあまり嬉しく感じられないのですね。

ところが多くの男性にとって異性の分類は「好き」か「どうでもいい」の、ほとんど2種類しかありません。そして彼女は当然「好き」に該当します。

さらに「好き」の中でも付き合い始めの頃の燃えるような気持ちは落ち着いてきている。だから「普通に好き」だと思うのです。

心は落ち着いているけれど、やっぱり相手が好きなんだなぁと思ったとき。男性が「普通に好き」と口にするのはそんなときなのです。

分かりやすく「好き」と伝えてほしいけれど…

もしも彼氏からの言葉が「普通に好きだよ」だったとしても、思い悩む必要はありません。

付き合い始めのころは彼女に大きな愛情表現をしていた彼氏も、しばらくすると落ち着いてきます。

気持ちが落ち着くといっても、彼女のことが好きな気持ちは変わっていません。「私のこと好き?」と聞かれたら答えようとも思っています。

ただ、好きの種類が付き合い始めの頃の燃えるような“好き”から、時間の経過とともに落ち着いた穏やかな“好き”へと変化しただけなのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます