優しい男性は脈がなくてもイヤな顔をしないし、優しいまま。でもそれでは、脈ありかどうかを判断できないため困ってしまいますよね。

男性の優しい態度は、意識的にしている行動です。それなら、男性が無意識の状態なら思わず本音が出てしまうかも!

今回は、相手の男性があなたをどう思っているか、“どうしても隠せない無意識の部分”でチェックしてみましょう。

心の内が分かりづらい男性の脈あり判断方法

1: パーソナルスペースに入ってチェック

人にはパーソナルスペースという縄張りがあり、この中に他人が入ると不快になります。嫌いな人に対する自分のパーソナルスペースは広くなり、好きな人に対しては狭くなります。

つまり、脈があると自分の縄張りが狭くなるのです。

常にその男性と距離が近いなら脈ありの判断ですが、近いかどうかイマイチわからない場合は、突然近づいてみます。

どんなに優しい人でも、突然パーソナルスペースに入られたら、とっさに“本当の彼”が出てしまうでしょう。本能ですから不意打ちはごまかせないのです。

一瞬嫌な顔をしたり身体をそらすのは脈なし。脈ありなら確実にうれしそうな顔や、満足そうな表情をするので拒絶の態度は取りません。

パーソナルスペースはだいたい1メートル以内の距離。そこにさっと入ってみましょう。

2: あなたに時間を割くかをチェック

「忙しい」の発言数が多いかどうかをチェックしてみてください。いつも「忙しい、忙しい」と話す人は脈なしの可能性大。

相手を誘わなくてもいいように、誘われないようにしているのです。

つまり、時間を取ってでもあなたの話を聞いてくれる。時間を忘れカフェで長話をしてしまう。「もうこんな時間だ」と男性が時計を見て驚く。遅い時間もいとわずLINEや電話をするなど、時間を気にしないかどうかをチェックします。

好意のある人にたいしては無意識に時間を忘れています。しかし、自分の時間は大切なので、好きでもない人に時間を削られたくありません。

優しい人は「明日は早いから寝るね」「どうしても抜けられないんだごめんね」と傷つけない言い方で断るでしょう。

いくら優しい男性でも、自分の時間のほうが何倍も大事なので、そこでわかります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます