お付き合いをしていても、あまり彼女の両親に会いたがらない彼氏っていますよね。

これが女性なら、彼氏の両親と早く会って仲良くなりたいと思うことが多いですが、男性はそうでもないようです。

男性と女性でこんなに考えに違いがあるのはなぜでしょうか。

今回は、彼女の両親に会いたがらない彼氏の心理とその対処法について紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

なぜ? 彼女の両親に会いたがらない彼氏の心理

1: まだ会う段階ではないと考えている

真剣にお付き合いをしているからこそ、彼女の両親に会うことにとても慎重になっている男性もいます。

例えば「仕事で一人前になるまで」「プロポーズをしてOKをもらえたら」と男性が胸を張って会えるようになってからと考えているのなら、すぐには会いたがりません。

男性は女性と違って結婚したら一家の大黒柱として働くことになるので、それがイメージできるまで両親に会うべきではないと思っています。

「なんで会ってくれないの?」と不満に感じるかもしれませんが、しっかりけじめをつけてからと段取りを考えてくれており、結婚に対して前向きである証拠となります。

「両親に会わない=本気ではない」ということではありません。

2: 結婚を迫られている気がする

やはり「彼女の両親に会う」となると「結婚を承諾してほしい」「結婚前提のお付き合い」のための挨拶という印象がありますね。

女性はとりあえず「お互いに顔を知っておいてほしい」くらいに考えていますが、男性にとってそれは結婚へのプレッシャーになってしまいます。

「今度の日曜にうちに来て両親に会って」と言うと、一方的に結婚話を進められているような違和感を覚えるでしょう。

「まだ二人の間で結婚の話も出ていないのに……」と重く受け止め「ごめん、今すぐ会うことはできない」と言ってくることも。

男性の中で彼女の両親に会うことは「結婚」につながること以外の何物でもないと覚えておいてください。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます