好きな人とLINEの交換ができたとなると、次はメッセージのやり取りで仲を深めていきたいですよね。

しかし、まだ相手のことをあまりよく知らない場合、ドキドキしてどんなことを話せばいいのか悩むことも。

そこで「LINEでどんなことを話せばいいの?」と悩んでいる人に向けて、LINEで話題にしやすいことをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

LINEで話題に困ったら試したい3つのこと&注意点

1: まずはその時の天気について話す

天気の話題は「こんにちは! 気持ちのいい晴れですね」とちょっとした挨拶として使うことができます。

この一言がきっかけとなり「洗濯物がよく乾きそう」「天気がいいから出かけたくなります」と少しずつ話を広げることが可能です。

また週末に「午後から雨みたいです」とLINEをすれば、相手が会いたいと思っている場合「雨が降ってもOKなカフェに行きませんか?」などとお誘いがあるかもしれません。          

なぜならデートは天気に左右されるので、こうした話題から「雨なら映画館やレストラン」「晴れならピクニックや動物園」などイメージしやすくなるからです。

男性とは同じ空の下にいるので、話題に困ったらまず天気の話をしてみましょう。

2: 相手に質問をする

男性もきっと「何を話したらいいのかな」と思っているので、あなたから質問する形でLINEをしてみましょう。

まだLINEの交換だけなら「相手のことをもっと知りたい」と感じ聞きたいことがたくさん出てきます。

そんなに考える必要はなく「趣味は何ですか?」「休日の過ごし方は?」と自己紹介をお願いするような内容で十分となります。

ただ、気をつけてほしいのは「イエス」か「ノー」で答えられる質問をしないことです。

「最近仕事で疲れていませんか?」と言っても「そうですね」「いや大丈夫です」くらいしか返事がないかもしれません。

するとすぐにやり取りが終わってしまうので、何か答えるべき質問を心がけましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます