失恋すると、「しばらく恋はいいかな……」と思うもの。

なかには、食事が喉を通らないほど、放心状態になってしまう女性もいるかもしれません。

気持ちを切り替えづらいこともさることながら、好きな人を想っていると、次の恋に進めないのも辛いところですよね。

そこで今回は、次の恋に向かう助けになったものを、筆者周辺の女性数人にリサーチし、まとめてみました。

いま、失恋して辛い状態にある女性のみなさん。ぜひ一度気持ちを落ち着かせながら、目を通してみてくださいね。

女性たちを失恋から立ち直らせたものって?

1: 次の恋に活かせる反省点

好きな人を否応でも考えてしまうときは、失恋の原因を俯瞰してみてはいかがでしょうか。

失恋について思い詰めるのではなく、どうして彼との関係がうまくいかなかったのか。自分になりに分析してみるのです。

「私は、浮気をされたことが別れ話の引き金になったので、そういう男性とは二度と付き合わないようにしようって、割り切りました。辛い目に遭あったことで、いくら好きでも浮気をする男性とは、もう関わらないようになると思います」

と話してくれたのはSさん。

振り返ってみて、あまりいい恋ではなかった場合、教訓にできるといいかもしれません。

恋愛、人生の経験値に変えることで、今回の失恋が前向きに捉えられそうです。

また、自分自身を成長させるきっかけにも考えられるといいですよね。

沈んでしまった気持ちをバネに、もっといい男性をゲットできるよう、自分自身を高められるといいと思います。

2: 元彼との思い出を断ち切る思い切り

「気持ちを整理する意味で、好きな人との思い出の品はすべて捨てるようにしています。元彼の電話番号も、元彼からもらったプレゼントも……。馴染みの場所にも極力行かないようにして、好きな人のことを生活からシャットアウトしていたかな」

と、意見するのはYさん。

好きな人のことをずっと考えてしまうのは、それだけ彼氏のことが本気で好きからだからだと思います。
もちろん彼氏とやり直せられればいいのですが……。

修復が難しい場合は、辛くてイヤですが、失恋を受け入れる方向で考えなければいけませんよね。

好きな人のことをこれ以上考えないようにするためにも、思い入れのあるモノやコトはなるべく目に入れないようにしましょう。

失恋直後、すぐには難しいかもしれません。でも、気持ちが落ち着いてきたら、「忘れる」ための手段を取っていくことも、次の恋に向かう手助けになるはずです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます