元銀座ホステスという経歴から、筆者のまわりはモテ女子ばかりです。

それでもときどき、非モテ女子と出会うことがありますが、モテ子と非モテ子には、明らかな違いがあるとわかります。

今回はそのモテ子と非モテ子の“大きな違い”をご紹介します。

モテ子の特徴とは?

1: ポジティブ

モテる人はいつもポジティブです!

たとえ大好きだった彼氏にフラれても、「よし!次はもっといい恋をしよう!」「もっとデキるいい女になるために、今は仕事だ!」と前向きに捉え、気持ちの切り替えも早いのです。

人生は、思っているより短いもの。暗い気持ちに引っ張られて、人生を楽しまないなんてもったいない! モテ子たちはそう考えているのです。

さらに、ポジティブな女子のエネルギーに吸い寄せられるように、男性が寄って来ることも多いのです。.

銀座のクラブのママの中には、ポジティブなエネルギーの塊のような人がいます。

そんなママの周りには、そのポジティブなエネルギーに触れようと、経営者たちが集まります。

「ママと話したら元気になったよ」と言いながらお店を出るお客様は非常に多いのです。

私が働いた老舗クラブのオーナーママたちは、お店の中でナンバーワンにポジティブでした。70歳近いママが、若くてきれいな女子を抑えて、一人モテ状態という場合も少なくありません。

ポジティブ思考になるだけでモテ子に一歩近くなら、今すぐ実践しない理由はありませんよね。

2: 執着しない

モテ子は、ひとりの男性に執着しません。

来る者は選別するけれど、去る者も追いません。うまくいかなくなった関係を続けることほど、無益なものはありません。

この姿勢は、恋人関係にある男性に対してだけでなく、軽いボーイフレンド、友人男性との関係でも同じです。

自分の周囲に集まる男性は、基本的に仲良くする姿勢ですが、「この男性、ちょっと違うな」と感じたら、迷わず距離を置くのがモテ子のスタイル。

そうすると、その空いたポジションに次の新しい男性が入るので、モテ子の周りにはいつもファンがいる状態です。

こうして、いつでも周囲に男性がいるので、干物女になる期間もなく、モテ循環がまわり続けます。

3: 他者視点を持っている

モテ子は、目の前にいる相手の立場に立って考えられます。相手視点で考え、行動します。

すると、相手から、「自分のことを理解してくれている人だな……素敵だ」と思われるのです。

銀座のクラブでも、常にお客様の立場に立てる女子は信頼され、長期にわたって良い関係を築くので、いつもモテていました。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます