若かりし頃、湿気が多い雨の日に途端に広がる髪の毛を、一生懸命ボリュームダウンさせたりしていたはずが、年齢を重ねた今は一変!

普段はもちろん雨の日になると、ぺちゃんこになる髪の毛に悩み、ふんわりさせるためにパーマをかけたり、巻いてスプレーをかけたり…。悩みというのは、歳と共に変わるものですよね。

こうして、歳と共に肌より“髪”にお金をかけたり、手間をかけたりするようになることで、肌より髪に興味が増えていることを実感しませんか?

某CMでは、中高年女性向けのウィッグをつけることが、若々しさを印象づけるように、ふんわりとした髪は、若々しさの象徴かもしれませんね。

そんな若々しさを印象付ける、ふんわり髪のつくりかた。アラフォーママ美容師、高倉里美さんに教えていただきました。

アラフォー女性の髪の毛に起きること

髪がぺちゃんこになる原因は、年齢とともに髪の毛のタンパク質が変化し、髪質が変わってくることが、ひとつとして挙げられます。

また、頭皮は意外と紫外線を浴びていて、長年生きていればいるほどその分紫外線をたっぷり浴びている状態になっています。

これは、お肌が紫外線を浴びてシミやシワができるのと同じで、髪の場合は、頭頂部が弱ることで、新しく生える毛髪が、段々と細く弱い毛質になっていくのです。

このような様々な原因と、髪の重みによって重心が下がることで、頭頂部の髪がペタンとなってしまうため、全体的にも下がって見え、老けた印象を与えてしまうのです。

ということは、もうお分かりかですね。根元がふんわり立ち上がっていると、若々しく見えるのです。

ぺちゃんこ髪が気になり始めたら、とにかく“根元ふんわり”に特化したケアをしていきましょう。

シャンプー前には“プレシャンプー”

根元をふんわりとさせるために、最もやっておくべきことが、プレシャンプー。プレシャンプーとは、頭皮にこびりついてる汚れ等を取り除くことをさします。

プレシャンプーに使うコスメはいくつかありますが、ぺちゃんこ髪の解消には、オイルで頭皮マッサージをおすすめします。

湯船につかる前に、オイルを頭皮につけてマッサージして、そのままの状態で湯船に浸かります。

こうして身体を温めながら頭皮の毛穴を開かせて、皮脂を落とすように、さらに頭皮のマッサージをすると、頭皮に負担をかけずに、頭皮の汚れを落ちやすくできます。

使うオイルは、オリーブオイルがおすすめです。頭皮の脂に近いと言われていて、地肌に負担かけることなくマッサージができますよ。

チェッレート・リーブリ 有機 エキストラヴァージン・オリーブオイル』は、食用にも使える高機能オリーブオイルで、頭皮マッサージにもおすすめです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます