居心地が悪い女性とは、一緒にいても疲れてしまう女性、安らげず息が詰まる女性のことです。

男性が女性に一番求めること。それは、性格や容姿も重要ですが、最終的には居心地がいいかどうかを重視して、彼女や結婚相手に選びます。

居心地のよさは、容姿や能力とは関係なく身につけることができる最強のテクニック。

ということは、居心地の悪い女性にならないように気をつけるだけで、男性が理想とする女性に近づくことができるということです。

そこで今回は、「男性が一緒にいて居心地が悪い女性」について解説したいと思います。

男性が「一緒にいても居心地が悪い…」と感じる女性とは?

1: ケンカしてばかりの女性

「なによ!」とケンカ腰になる、すぐふてくされる。話しかけても無視。だから男性がご機嫌を取る……。これでは誰でもいやな気持ちになりますよね。

いつもケンカ腰の女性は問題外ですが、泣く女性も同じく平和に過ごせない女性です。

仕事が忙しい彼氏に「会ってくれないのね」と電話で泣くなど、どうすることもできないことに泣かれても困るだけです。

「好きだから泣いちゃう」と子供のような女性も、ケンカにはなりませんが、心安らげないでしょう。

ちなみに「ケンカするほど仲がいい」は、どちらかが我慢していて、我慢していないほうがこのようなセリフを言う場合が多いのです。

2: 男性を振り回す女性

振り回すとは、相手の状況を無視し、自分の意思を強く通すこと。

たとえば「いやだいやだ~」「〇〇して! 今すぐ!」と子供のように駄々をこねる。「 〇〇しなきゃ〇〇しないからね」と交換条件を出す。

「やめる」「やっぱりやめない」とすぐ気持ちが変わり迷惑をかける。さんざん振り回す女性に、男性は安らげないでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます