爪先を美しく手入れしていると、手元が目に入るたびに気持ちが明るくなり、心なしかテンションがあがりますよね。気に入ったデザインのネイルを施していると、それだけでハッピーな気持ちになります。

ただ、育児中はなかなかネイルサロンに行ったり、自分で小まめに爪のお手入れをしたりネイルを施す時間や心の余裕が持てないもの。ネイルサロンに通っていても、コロナによる自粛期間中に行けなくなってそのままやめてしまった…という方も多いのでは。

そんなときにピッタリなのが、毎日のごく簡単なお手入れと習慣で、自然な地爪を美しく保つことができるメソッド「育爪」。

女は爪で美人になる』の著者で育爪スタイリストの嶋田美津惠さんに、美しい地爪を保つコツについて詳しく伺いました!

自分の爪が輝く美しさに!ネイルいらずの「育爪」って?

――「育爪」スタイリストとして、東京・自由が丘と大阪・梅田でネイルサロン「ラメリック」を主宰している嶋田さん。常連客の中には、まさに育児中のママも多いそうですね。

嶋田美津惠さん(以下、嶋田さん):サロンに来れないときでも、自分で続けやすいのが育爪のいいところだと思います。紙やすりと、オイルだけで自分でできますからね。オイルを塗るだけでも全然違う指先になります。

出産を機にネイルを辞める方は多いですね。通えないというのもありますし、ネイルカラーや除光液のツーンとしたニオイ成分(有機溶剤)がお子さんの健康を害しそうだから、という理由です。

お米を研いでいるときにネイルがはがれてしまって、それを見て辞めたという方もいらっしゃいます。

育爪は安全ということと、オイルを塗るだけ・爪切りをやめて紙製のやすりに変えるだけなので簡単、というところが、育児中の方も実行しやすいポイントかと思います。

――自宅でも簡単にできるという「育爪」について、詳しいやり方を教えてください!

嶋田さん:育爪のステップは、まず爪を整え、次に乾燥を避けて弾力のある丈夫な爪にするために毎日オイルでケアをし、さらに指使いを変えることで爪のピンクの部分がはがれないようにすること。

この3つのステップで、美しい地爪が育っていきます。

脱・爪切り!紙やすりでの爪の整え方

嶋田さん:爪が伸びてきたら、爪切りではなく、紙やすりで爪を整えていきます。目安としては2週間に1回くらいのタイミングで整えればOKです。紙やすりは書籍にも付録としてついていますが、市販のものでももちろん大丈夫です。

さっそくやり方を見ていきましょう。

1.長さを整える

嶋田さん:削る指を隣の指などで固定して、紙やすりを一方向にだけゆっくり動かして削ります。ポイントは、力を入れないこと。長さは、白い部分を2~5㎜残すのが理想。

2.カーブを作る

嶋田さん:爪先が穏やかな弧を描く「アークスクエア」が理想の形。この形をしっかりと目に焼き付け、イメージしていると、常にこの形にしか削れないようになります。

これが「アーススクエア」の形

嶋田さん:角を削り過ぎて丸くならないように注意しましょう。

3.サイドを削る

嶋田さん:爪は、側面から見ると下向きにも伸びているのがわかるはず。伸ばしているとモノに引っかかりやすくなり、爪が割れる原因に。カーブを作るよりもゆっくりと紙やすりを動かして少しずつ削るのがポイント。

4.角を整える

嶋田さん:爪の両端の先に角ができるので、そこに紙やすりをあてて、やすり面の小さい範囲をL字の形でゆっくりと往復させて動かし、丸みを帯びた形に整えていきます。

5.バリを取る

嶋田さん:爪の先端を削ると、断面に繊維のカスのような「バリ」が出てきます。

ぬるま湯につけるとバリが水分を含んで体積が膨らみ、見えやすくなるので、コットンで拭き取ったり、目の細かいやすりで取ってください。

6.断面をキレイにする

嶋田さん:指の腹で爪の断面を触って、ザラザラしたところがないか確認し、あれば目の細かいやすりを使ってなめらかに整えていきます。

この仕上げが大切で、断面がザラザラしていると、洋服の繊維に引っかかったり、2枚爪になったりします。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます