男性との出会いを探しているとき、相手の容姿の良さだけを求めていてはいけません。

婚活中に1000人の男性と出会ってわかった、本当に信用できる“真のイケメン”の特徴を4つご紹介します。

本当に信用できる“真のイケメン”の特徴

1.ハイスペックでも自分から言わない

たとえば仕事内容について話す際、もしハイスペックの男性だとしても、それを自分からペラペラ話すかどうか、注意して見てみましょう。

エリートゆえに、まわりからチヤホヤされがちなハイスペック男性の場合、うっかり調子に乗って自慢げに自分のことを話したり、つい傲慢な態度が垣間見えたりしてしまうことも。

そんな様子が見えたら、その男性は自分のことだけではなく、彼女や妻になった相手のことも自慢したがって、パートナーへの要求が高くなりがち。

一方、真のイケメンは自分のことは控えめに話すものです。どちらのほうがつきあって居心地がいいのか、もうわかりますよね。

2.SNSに依存していない

SNSに依存しすぎてしまうような男性にはご用心。

たとえば、一緒に食事した場所がツイートされていたり、食事中もSNSが気になって見てしまったり、デートしていてもSNSに載せるための写真を撮っていて肝心のデート内容がおざなりになってしまうといった男性もいます。

はたから見ると、ただのマナーの悪い人、という感じなのですが、本人に悪気はないこともしばしば。

こういった男性は、たとえイケメンであってもあんまり一緒にいて楽しいとは思わないですよね。SNSを「とりあえずやってる」程度の男性のほうが、建設的だといえそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます