女性は歳を重ねるごとに結婚を強く意識するようになりますね。

ただ、その気持ちが強すぎると一人で結婚に突っ走ってしまう傾向にあります。

そこで、実際に筆者の友人が「振り返ると失敗だった」と思う「結婚が遠のいたNG行動」を5つご紹介します。

「結婚したい」と思っている人はぜひチェックしてみてくださいね。

気をつけよう!結婚が遠のいたNG行動5つ

1:すぐ「結婚願望はある?」と聞く

お付き合いしても必ずゴールインするとは限りませんね。

そもそも男性に「結婚願望」がない場合、結婚話にすらならないことも。

友人は「交際前に気持ちを確かめたい」と、男性にすぐ「結婚願望はありますか?」と聞いて回り失敗。

男性から「誰でもいいの?」「結婚に必死過ぎて怖い」と煙たがられてしまったことが原因です。

唐突だと度肝を抜かれるセリフなので「いきなり何?」と引かれて当然となります。

結婚願望を探るなら「恋愛話」ができるまで打ち解けてからがいいでしょう。

2:理想を語り過ぎる

「理想のタイプ」となると「背が高くて優しくて……」と色々加えたくなりますね。

こういった条件は内に秘めていた方がいいのですが、友人は好きアピールになると思い恋愛テクニックとして使い失敗しました。

好みのタイプを引き寄せたくて「高収入じゃなきゃ」「イケメンでないと」と聞かれてもいないのに話した結果「自分語り」で終わることに。

条件を挙げれば挙げるほど「大人なのに現実が見えていない」と思われたのでしょう。

「理想のタイプ」は自己紹介の時おおまかに伝えることがベストとなります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます