2017年にリリースされたアニメサントラの中から、アニメライターがオススメのアルバムをベスト5形式でご紹介。音作りのおもしろさや、アルバム単体として聴いた時の音楽的魅力をひとつの価値観として、悩みに悩んだ末に5枚を選ばせていただきました!

TVアニメ「けものフレンズ」オリジナルサウンドトラック

最初に推薦盤として紹介したいのが、本年度のアニメ作品を象徴する大ヒット作である『けものフレンズ』のサントラです。

本作で劇伴を担当したのは、立山秋航さん。立山さんは、ロックバンドのドラマーとしても活躍されている作曲家で、アイドルや声優への曲提供の他、『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』や『くまみこ』といったアニメ作品のサントラも担当されています。

ドラマーとしてのバックボーンも手伝ってか、本作には打楽器を多用したパーカッシブな曲調の楽曲が数多く収録されており、今作の音楽的なイメージを決定付けると共に、アニメ本篇における大陸的なイメージを形作る上でも大きな効果を上げています。

メロディがそのままビートになっているような曲も多く、そのリズミカルな音世界には、聴いているだけで心が弾むような躍動感が溢れています。

一方で、ストリングスの不協和音が鳴り響く『スコールが来た!』、ハードなテクノサウンドを駆使した『セルリアン』のように、アクセント的にレイアウトされた異色のトラックもそれぞれが独自の個性を放っており、サウンドトラック盤の音世界をより個性豊かなものへと仕立て上げている点も聴き逃せないポイントです。

聴いているだけで各キャラクターの姿や劇中の名場面の数々が頭に思い浮かぶような印象的な楽曲に加えて、意外な音楽アプローチや、リズム重視の音作りの奥行きも楽しめる『けものフレンズ』のサウンドトラック。

作品を力強く支えると共に、インストゥルメンタルアルバムとしても本当によくできた良盤として、大推薦させていただきます!

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます
バックナンバー