視聴者に嫌われない「ワイプ芸」について考察する

ワイプはどうして嫌われるの?

アインツワッパです。みなさんは「ワイプ」を知ってますか?

矢口真里が「ワイプの女王」と呼ばれ出してから、ワイプという名称は世間に浸透していったように思います。

もはや知らない人はいないかと思いますが、ワイプとはコレのことですね。

 

 

テレビ番組でVTRを見ている出演者の表情を映し出す小窓。コレがワイプです。

世間ではワイプを「邪魔」「不要」と感じる視聴者が多いそうですが、なぜワイプは嫌われるのでしょうか?

 

ワイプはどうして嫌われるの?

ネットの声を調べてみると、
「オーバーリアクションをされるとムカつく」
という意見が、ワイプを嫌う理由として多いようです。

 

 

このように、表情や仕草から作為が感じられると、
「わざとらしい!」
と批判されてしまうのです。

では、素の表情だったら嫌われないのでしょうか? そうでもありません。

例えば、VTRを無表情で眺めている出演者がいるとしましょう。

 

 

こんなにかわいいネコちゃんを見てるのに、表情からはなんの感情も読み取ることができません。

なぜ彼は無表情なのでしょうか?

答えはカンタン。彼は猫が好きではないからです。これが彼の自然体なのです。

しかし、この映像を見た視聴者の中からこんな批判をする人が現れます。

 

 

オーバーでもダメ、無表情でもダメということですね。

以上のことから、

視聴者に嫌われないワイプ芸とは「控えめな演技」のことである

と言えるのではないでしょうか?

では次に、「控えめな演技」について考えてみましょう。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント