男性には結婚したい女性像がある!

彼氏には別れてしまった元恋人がいて、あなたにも元カレなどが存在するはずです。その人と付き合っていたときは、互いに思いを寄せていたはずなのに、なぜ気持ちが離れてしまったのでしょうか。それはやはり「ゴールが見えない」という問題が大きいように思えます。

本気で好きな女性との“未来”は、男性だって考えるものです。しかし「結婚したい」と思う女性と、「このままでもいいや」と思われてしまう女性には違いがあり、男性の結婚したい女性像にコミットしたアプローチをする必要があるのです。

男性が結婚したくなる女性の特徴4選

デートなどの段取りがうまい

結婚するふたりには、現実的な問題が多く降りかかってきます。いつも守ってあげたい、か弱い女性では男性は疲れてしまいます。

デートなどの段取りが上手な女性は「結婚しても一緒に助け合っていけそう」と思われることが多く、プロポーズのプレッシャーを感じることも少ないでしょう。彼氏に甘えてばかりの人はまずその姿勢を改善した方が良さそうです。

感情の起伏が激しくない

気分屋な人は周りから孤立してしまいがちになります。もちろん人間なので、気分の浮き沈みがあるのは当然のことです。しかし、そのたびに人に八つ当たりと思われるような態度をされたらどうでしょうか。一緒にいることが辛い時間になってしまいますね。

男性も女性も一緒に生きていきたいと思う相手には、何かと相談したり、自分の思いを打ち明けたり、時には共に戦ってほしいと思うことが多いもの。

自分でストレスを解消したり、コーピングできる女性は男性からも「一緒にいて居心地がいい」と思われる可能性が高いです。逆に「察してほしい」と不機嫌な態度をとり続ける女性は注意が必要になります。

きちんと自立している

結婚したら「寿退社するの!」という女性は、現代では減少傾向にあります。しかし、結婚後に彼氏を頼ったうえでの生活を夢見てる人は意外と多いのではないでしょうか。結婚して家庭を築くことは、誰しも憧れます。とはいえ、それは想像の範囲です。

「子どもができたら絶対に専業主婦になる」と今から意気込んでいると、彼氏は仕事が辛くても1人で頑張り続ける未来を想像することになるでしょう。そうなると「ちょっとまだプロポーズはできない」と結婚へのハードルが高くなってしまうのです。

料理がうまい

料理が苦手な女性もいます。逆に、男性で料理が得意な人もいます。自分ができないことをやってのける人は、大人になってからもキラキラして見えますよね。

仕事は給料という対価があるのでこなして当たり前ですが、それが家事だとどうでしょうか。給料が発生しないのに、ある意味プロの領域のような自分にはできないパフォーマンスを見せられたら、多くの人は感心を寄せるでしょう。なおかつ彼氏に響くことなら尚のことです。女性だって、料理ができる男性と付き合ったら「素敵!」「素晴らしい」となりますよね。

「料理がうまい」はひとつの例えですが、いわゆる彼氏にはない、自分だけの魅力を突き詰めてみてください。それが日本代表になるくらいのレベルでなくても、彼氏からは尊敬され手放したくない存在になることでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます