子どもと他の子を比較して、「お友達のほうが上手に歩いている」「うちの子よりも言葉数が多い」など、成長の違いにネガティブになってしまうことはありませんか?

今回は、元保育士の筆者が「子どもの成長を他の子と比べてしまう時の対処法」を紹介します。

子育てに焦りを感じているママ・パパはぜひ参考にしてみてくださいね。

子どもの成長を他の子と比べてしまう…どうしたらいい?

1:成長を細かく記録する

メモ帳を用意して、子どもの成長について簡単に「朝・昼・晩」に分けて書いてみてください。

紙でなくてもOKです。スマホのメモアプリなら打ち込んだ時間も記録されます。

内容は、例えばいつも「ママ」だけだったのに「ママ好き」と初めて2つの言葉がつながったのなら、しっかり喜びと共に文字にします。

もし1日の終わりに「他の子はおしゃべりが上手なのに、うちの子は言葉が遅い」とネガティブな気持ちになっても、メモを見返すことで「今日は小さな変化があった」とポジティブな気持ちでその日を振り返ることができるでしょう。

2:ゆっくりとした目標を掲げる

周りの子や育児書を基準に、子どものことを考えていませんか。

「成長が遅れている」という考えはいったん置いておいて、まずは子どものペースに合わせた目標を掲げましょう。

例えば、ママやパパから見て「読み書きが苦手」と思うなら、ひらがなを1日1文字覚えることにしたり、お風呂で子どもと「あいうえお」を一緒に言ったりしてみます。

どちらの方法も「50音」なので、2か月もあれば十分身につきそうですが、余裕をもって3か月をゴールに設定しましょう。

確実に実現できそうなスケジュールを組むことで、子どもも親も心地よい達成感を味わえるはずです。

「その子その子で成長が違う」ということを受け入れられるようになりますよ。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます