石山切 藤原定信筆 日本・平安時代 12世紀 根津美術館蔵 小林中氏寄贈 /企画展「よめないけど、いいね! -根津美術館の書の名品-」

よめないことが面白い、書の名品を楽しむ展覧会

企画展「よめないけど、いいね! -根津美術館の書の名品-」
7月16日(土)~8月21日(日) / 東京都 / 根津美術館

2022年7月16日(土)から8月21日(日)まで、東京都港区南青山の根津美術館で、企画展「よめないけど、いいね!-根津美術館の書の名品-」が開催されている。

書の展覧会は、何が書いてあるかわからないこともあり、「つまらない」と敬遠されてしまうことも多い。

しかし、同展覧会は、書の見どころをわかりやすく紹介し、「よめないけど、いいね!」を目指している。

展示物の「よめない」理由がさまざまなのもおもしろい。

たとえば、昔の手紙は長い文章を余白や各行の間に書き込んでいたので、そのまま読むと順番がめちゃくちゃ。

重要文化財の高僧の書、実は掛物用に切断されて文字が欠けており、そもそも読めるはずがなかった、など。

よめないからつまらないではなく、よめないことの面白さを味わって欲しい。

企画展「よめないけど、いいね! -根津美術館の書の名品-」 開催概要

<開催日時>
2022年7月16日(土)~8月21日(日) 午前10時~午後5時(入館は閉館30分前まで)
(休館日:毎週月曜日 ただし7月18日(月・祝)は開館、翌19日(火)休館)

<開催場所>
根津美術館(〒107-0062 東京都港区南青山 6-5-1)

<料金>
一般1,300円 (1100円)、学生1,000円(800円)
※( )内は障害者手帳提示者及び同伴者1名の料金。中学生以下は無料。
※2022年7月12日(火)より同館サイトにてオンライン日時指定予約受付。
※当日券は予約に空きがある場合のみ、美術館受付にて販売(一般 1400 円)。

紹介者コメント・イベニアスタッフ

書の展覧会とだけ聞くと、高尚で敷居の高さを感じる人も多いでしょう。しかし、実は当時の人であっても、皆がすらすらよめたわけではなかったとのこと。そう思うと、より一層リラックスして、よめないことを気にせず楽しめそうですね。

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください

(2022年6月2日時点の情報)

日本中、そして世界の“面白いイベント”情報を探し出し、紹介することに拘るWebサイト『イベニア』。規模の大小を問わず、斬新な企画のイベント、思わず人におススメしたくなるイベント、とにかく変なイベントなどの情報が満載。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます