女悪魔の仮面(ボリビア) カーニバルに登場する女悪魔を表した仮面

「こわい」と思う感情はどこからやってくる?トリハダモノを展示

特別展「こ・わ・い・モノ」
3月6日(土)~7月11日(日) / 愛知県 / 野外民族博物館リトルワールド 本館1F特別展示場

フォトギャラリー【画像あり】あなたは「怖い」と感じる…? 展示物の画像あり
  • 仮面(ザンビア) ルラレ人の仮面。髪の毛の材料はサイザル麻の繊維を用いている
  • つぼ(パプアニューギニア) 乾燥させたサゴヤシ澱粉の保存用。装飾に精霊の姿が表されている。
  • 呪医像(コンゴ民主共和国) 呪医を象った彫像。身体に刺さった鉄片は、妖術や邪術に対抗するための防御の意味がある。
  • 女悪魔の仮面(ボリビア) カーニバルに登場する女悪魔を表した仮面

2021年3月6日(土)から7月11日(日)まで、野外民族博物館リトルワールドにて、特別展「こ・わ・い・モノ」が開催されている。

「こわい」という感情は、どんなモノ・コトに対して生まれるものなのか? 世界各国の民族資料を通してそれを考える。

こわいと思う反面、興味本位で覗いてみたくなる好奇心を刺激するような仕掛けを用意し、大人だけではなく子どもたちにも楽しみながら学ぶことができる。

呪医像(コンゴ民主共和国) 呪医を象った彫像。身体に刺さった鉄片は、妖術や邪術に対抗するための防御の意味がある。

展示のスタートは高さ約3.3mのネパールの仏像。来場者を「こわいモノ」の世界へ誘う。

さらに、「こわい」と感じさせるような資料展示に加え、音や光など五感で「こわい」を体感できるブースや、たくさんの仮面が並ぶブースなど、「こわい」を存分に体感できる。

そして、世界各地の人々がどのようにその感情を乗り越えようとしてきたのかということに注目した展示を行い、「こわい」という感情に向き合うきっかけになるような流れになっている。

特別展「こ・わ・い・モノ」

<期間>
2021年3月6日(土)~7月11日(日)

<場所>
野外民族博物館リトルワールド 本館1F特別展示場

<料金>
無料 ※リトルワールド入館料別途

紹介者コメント・イベニアスタッフ

「ゾクゾクッとするような、『こわい』ものが集結します。

人はなぜこわいと思うのか? どんなものをこわいと思うのか?

世界各地の民族的なものがあつまるので、他の国や地域ではどんなものがこわいと思うのかも興味深いです」

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。

(2021年2月18日時点の情報)

日本中、そして世界の“面白いイベント”情報を探し出し、紹介することに拘るWebサイト『イベニア』。規模の大小を問わず、斬新な企画のイベント、思わず人におススメしたくなるイベント、とにかく変なイベントなどの情報が満載。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます