「あやしい絵展」ポスタービジュアル

妖美で怪奇で神秘的な「あやしい絵」に耽る

あやしい絵展
3月23日(火)~5月16日(日) / 東京都 / 東京国立近代美術館

2021年3月23日から5月16日まで、東京国立近代美術館で「あやしい絵展」が開催されている。

フォトギャラリー【作品画像あり】生で観たい!「あやしい絵展」に展示される作品の写真
  • 月岡芳年 《『魁題百撰相』のうち 辻弥兵衛盛昌》 明治元年、町田市立国際版画美術館、半期展示
  • ダンテ・ガブリエル・ロセッティ 《マドンナ・ピエトラ》 1874年、郡山市立美術館、通期展示
  • 橘小夢 《安珍と清姫》 大正末頃、弥生美術館、半期展示
  • 甲斐庄楠音 《横櫛》    大正5年頃、京都国立近代美術館、通期展示
  • 上村松園 《焰》     大正7年、東京国立博物館、東京展のみ、2週間展示

テーマである「あやしい」には、妖しい、怪しい、奇しいなどの漢字が当てはめられるが、それらの要素を兼ね備えたディープな絵画を堪能できる。

展示作品は、江戸時代に描かれた歌川国芳の妖怪の絵、陰画(ネガ)を取り入れた大正時代の上村松園の『花がたみ』など、美しいだけでなく奇怪さと神秘性を感じるものばかり。日本のみならず、ミュシャなどの西洋の幻想的な作品も展示される。

月岡芳年 《『魁題百撰相』のうち 辻弥兵衛盛昌》 明治元年、町田市立国際版画美術館、半期展示

また、会場では作品の成り立ちなどがわかる絵解きが用意され、「あやしい」絵の謎を見ながら解き明かす趣向も加味されている。

明治・大正時代の耽美主義や幻想文学が好きな人、エロティックや退廃的なスタイルについ引き寄せられてしまう人には、最高の絵画展となるだろう。

あやしい絵展

<会場>
東京国立近代美術館
〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1

紹介者コメント・イベニアスタッフ

女性を描いた作品も、単に美人画ではなく、グロテスクな生々しさや悲哀・情念がにじみ出ています。ゴシックや神秘的なものが好きな人は必見です。なお、2021年7月3日から8月15日は大阪歴史博物館への巡回も予定されています。

※あくまでイベニアスタッフの個人的な追記・意見・感想です。

(2020年11月18日時点の情報)

日本中、そして世界の“面白いイベント”情報を探し出し、紹介することに拘るWebサイト『イベニア』。規模の大小を問わず、斬新な企画のイベント、思わず人におススメしたくなるイベント、とにかく変なイベントなどの情報が満載。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます