【角上魚類】の激ウマ&感動間違いなし!おすすめ惣菜6選
フォトギャラリー【画像をみる】今すぐ「角上魚類」に行きたくなる!惣菜6品の写真をみる
  • 【角上魚類 のど黒の姿盛り 貝刺身盛合せ】一緒にお皿に載せただけでお店レベル⁉
  • 【角上魚類 のど黒の姿盛り】脂のノリが最高~!
  • 【角上魚類 貝刺身盛合せ】小さいサイズから選べるのが嬉しい
  • 【角上魚類 貝刺身盛合せ】しっかりした歯ごたえと甘みが新鮮な証!
  • 【角上魚類 あゆ塩焼き】キャンプでしか見たことのないメニューがスーパーで!

皆さまに質問です。最近お魚食べれていますか?

「骨が多いし…」「どうやって捌いたらいいかわからないから、お肉の方が気軽に食べられる」という理由があると思いますが、実は日本人の魚離れは20年以上続いています。

それでも、お魚の美味しさを再確認したい!  と筆者は思うのです。

ということで今回は、商品のレベルの高さで注目されている『角上魚類』で、買ってきてすぐに食べることができる、おすすめ商品をご紹介します。

フォトギャラリー【フォトギャラリー】角上で即買い!人気のお寿司5選
  • うに、いくら、ほたての三色がふんだんに乗った三色丼(税込・900円)
  • 細巻より太く巻かれたねぎとろ巻(税込・270円)と、納豆巻(税込・200円)
  • 本マグロの大トロと赤身が入った贅沢なセットです。20貫入り寿司「波」(税込・2100円)
  • 本マグロの大トロ、中トロ、赤身が3貫入ってこの値段!7貫+巻物入り寿司(税込・1300円)
  • 本マグロ中トロが2貫入り、コスパもバツグン!

まずはこちらから!定番の刺し盛り

【角上魚類 のど黒の姿盛り】大迫力のビジュアル!

まずはこちら、のど黒の姿盛りをメインとした刺し盛りです。

のど黒はアカムツとも呼ばれており、「白身のトロ」と呼ばれるほど、脂のりが良いことが特徴です。

思わず声が出てしまうくらい、口に入れると見事にとろけます。

【角上魚類 のど黒の姿盛り】脂のノリが最高~!

手前には、左からメジマグロ(クロマグロの幼魚)、ブリ、スルメイカが綺麗に並んでいます。

ひと切れのサイズが、厚すぎず薄すぎなくて、ちょうどいいのがさすがです。

刺身の厚みが美味しさに直結していると、知人のお魚屋さんが言っていたことがとてもよくわかりました。

新鮮なことももちろん、口に入れた時の満足感が違います。

【角上魚類 貝刺身盛合せ】小さいサイズから選べるのが嬉しい

続いては、貝刺身盛合せをいただきます

この日は、つぶ貝とサザエをチョイスしました。

小さいサイズであることが書かれています。

お刺身のサイズのラインナップが、とても幅広いことが角上魚類の特徴でもありますね。

【角上魚類 貝刺身盛合せ】しっかりした歯ごたえと甘みが新鮮な証!

なかなかスーパーで、このクオリティの貝に、出会えることはないのではないか?というくらい、しっかりとした歯ごたえと甘み。

お醤油をほどんどつけなくても、素材本来の美味しさが活きていました。

【角上魚類 のど黒の姿盛り 貝刺身盛合せ】一緒にお皿に載せただけでお店レベル⁉

こうしてお皿に盛ったら、お店で出てきそうなクオリティに!

捌くのは難しいし、お店に行って食べるのも高い…そんな時におすすめです!

「うまい肉」更新情報が受け取れます