この底面で、うまく焼けるとは普通思えないですが、果たして…

焦げついたフライパンでぎょうざを焼く。

これは当たり前に間違っている。そりゃそうですよね。だってそんなことをしたら餃子がフライパンに張りついて焦げちゃうから。

そんな当たり前に挑戦した人たちがいる。この記事はその挑戦の記録である。

フォトギャラリー作る順序を画像で紹介!フォトギャラリーはこちら
  • リニューアルした味の素冷凍食品の「ギョーザ」、これを焦げ付いたフライパンで焼いていく!
  • 使用するのは実際に使い込まれ焦げ付いたフライパン
  • 焦げ付いたフライパン。使用感ありますね…
  • 側面はさらに使い込まれた感あり
  • 裏面もしっかり焦げ付いてます

焦げついたフライパンでぎょうざを焼いていこう

……無意味に重々しい導入にしてしまった。今回紹介するのは、とあるメディア向けイベントの模様。その内容は、冷凍ぎょうざをみんなで焼いてみようというもの。ただし、“使い込んで焦げついたフライパン”で。

焼くぎょうざは、2月11日(日)にリニューアル発売を控えている、味の素冷凍食品の定番人気商品「ギョーザ」。

なんでも今回のリニューアルでフライパンへの解離性を見直した結果、フライパンへの貼りつきが従来品より約26%改善。つまり、より貼りつきにくくなったのだそう。

その真価を確かめるために、今回のイベントが催されたのだ。

リニューアルした味の素冷凍食品の「ギョーザ」、これを焦げ付いたフライパンで焼いていく

私のような料理下手な人間にとって、これはとてもありがたい進化だ。しかし本当にきれいに焼き上がるのか…?

現地に赴き、テーブルに用意されたフライパンを見て思わず訝しんだ。

用意されたフライパン。表面は焦げてこそいないけど使用感はあり…
側面はさらに使い込まれた感あり
裏面もしっかり焦げついてます

表面こそ体裁を保っているものの、側面や底面は明らかに焦げついているフライパン。これでギョーザを焼いていくのだという。

自分の前に、まずは同じテーブルに班分けされた別メディアの男性が試してみることになった。

味の素冷凍食品のギョーザは、油を引いたり水を加える必要がないのが便利だが、今回に限ってはそれも不安要素に感じられてしまう。

このフライパンで油も引かずに大丈夫なのだろうか。

水も油もいらないのが便利なのだが、貼りつきそう…
水分を飛ばしていく。作り方は本当に簡単だが…

決められた手順でぎょうざを焼いていき、いよいよ肝心のひっくり返す瞬間。

フライパンに並ぶぎょうざの上にお皿をかぶせ、手で抑えて、フライパンをえいっとひっくり返す。すると……

 

 

マジですか!?(私は作っていない)

めっっっちゃくちゃ綺麗な羽根つきぎょうざができた。

えええええ! マジでか!? 他のテーブルからは「できた!」「あれ、ちょっとくっついちゃった!」などと声が上がっているようだが、なんならこのテーブルが一番綺麗に出来てる気がする。

いや確かにすごい。けど、これは、この男性が特別ぎょうざを焼くのが上手かったから、という可能性もあるのでは…?

ならばやるべきことは一つ。料理下手な自分が焼いてみて検証するのみ。これで成功したら本物と言えるのではないか。

ここで改めて、味の素冷凍食品「ギョーザ」の作り方をおさらいしておく。

味の素冷凍食品「ギョーザ」の作り方

1:凍ったままのギョーザを、フライパンに火をつける前に並べる。
2:フタをして、中火で5分間蒸し焼きにする(中火の目安は、炎の先がフライパンの底に届く程度)
3:フタを取り、羽根全体に焼き色がつくまで焼く。(目安は約3分)

シンプルな話、まあ簡単である。さっきもこの工程で、10分足らずでぎょうざが焼き上がった。

ではさっそく焼いていこう。

「うまい肉」更新情報が受け取れます