女性なら誰しも「高収入男性との恋愛と結婚」を一度は考えたことがあるのではないでしょうか。で

も、仕事ができて、高収入で、女性にるモテる男性の感覚は、かなり独特。

今回は、高収入男性が恋愛対象外にする、女性のNGワードをいくつかご紹介します。

高収入男性が恋愛対象外にする女性のNGワード集

「私、尽くすタイプなんだ〜」

尽くす=愛情が深い。こんな風に考えている女性も多いかもしれませんが、高収入男性には特別、このひと言は重たいもの。

基本的に、高収入男性は仕事と自分の時間が大切です。

ですから「俺に尽くしてくれなくていいから。あなたは、あなたがやりたいことをやって。俺は俺の仕事と趣味に熱中したい!」のです。

高収入男性にとって、彼女に尽くされた結果“自分が彼女の全て”になるのは、束縛されるようで鬱陶しく感じ、尽くす女=束縛女と捉えられてしまいます。

尽くして喜ばれるどころか「尽くす女って、なんか怖い」という声も。

「私、いいお嫁さんになるタイプだと思うよ」

「料理、洗濯、掃除、家事全般得意なの。だから私、いいお嫁さんになると思うよ」と言って、“いつ結婚しても大丈夫な私”をついアピールしてしまう女性もいるかと思います。

実際は、高収入男性は高収入女性と結婚する、いわゆる「同類婚」が増えています。

つまり、高収入の男性が求めているのは、家で家事を一生懸命するいいお嫁さんタイプではなく、自分と同じように仕事ができる、頼れるパートナータイプ。

「いいお嫁さんになれる」発言は、男性に「付き合って、もしも結婚することになったら、専業主婦になりたい、お金目当ての子なんだろうな」と思わせてしまいます。

ただし、「仕事ができる女性でも、家事が一切できない場合は恋愛対象外」と言いますから、高収入男性の理想は、仕事もできて、家事もそこそこできる女性です。「ワガママな!」と思いますが、これが現実です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます