ペアで贅沢な、足湯付きゲストハウスも

もう1部屋は、足湯付きのゲストハウス。

ソファベッドを使用する、定員2名の部屋。

足湯に自由に入れてしまうため、安全上の理由から、原則として大人限定での案内だそうです。

カップルや、夫婦水入らずでの宿泊も、贅沢でいいですね。

夜は焚き火台を囲んで、本格BBQ

ゲストハウス宿泊の夕食は、ガーデン囲炉裏バーベキュー(または室内での豚しゃぶ鍋)

夕食は、ハンモック付きゲストハウスの裏庭(窓から見えます)での、「ガーデン囲炉裏バーベキュー」か、室内での「豚しゃぶ鍋」かを選べます。

新緑の春、深緑の夏、紅葉の秋など、暖かい季節であれば、断然おすすめは、「ガーデン囲炉裏バーベキュー」。

スノーピーク製の焚き火台と、ジカロテーブル(拡張テーブル)を囲み、チャコールスターターでの炭火起こしから楽しめます。

夕食の時間は、17:00~21:00。

季節とタイミングによっては、宵闇の中でのバーベキューになります。

蛙の声と、虫の音しか聞こえない、静かな夜に、炭火を囲めば、最高のアウトドア体験になりますね。

“美女づくりの湯” は正真正銘の名湯

寸又峡の “美女づくりの湯” は、正真正銘の名湯

もちろん、寸又峡 “美女づくりの湯” の、源泉掛け流しの内湯もあります。

完全貸切で入浴でき、宿泊者はもちろん、日帰りでの利用も可能。

■「晴耕雨読ヴィレッジ」源泉かけ流し・貸切り日帰り温泉

営業時間/12:00~16:00
料金/1名 45分間 1,000円
定員/5名

寸又峡の “美女づくりの湯” は、解説不要、入浴してみれば子どもでも誰でもすぐにわかる、正真正銘の名湯です。

泉質は、pH8.9の硫化水素系・単純硫黄泉(アルカリ性)。

ほとんど無色透明ながら、ほんのりと心地よい硫黄の香りがあり、湯ざわりが「とろとろ」と言っても過言ではないくらいに、柔らかいのです。

なにしろ、寸又峡 “美女づくりの湯” では、アルカリ泉質のおかげで、石けんを使って体を洗う必要がありません。

大人の肌が、湯上がりにすべすべになるのはもちろん、子どもはまるで、剥きたてのゆで卵状態!!

フォトギャラリー“夢の吊り橋”で絶景体験も! ハンモック付き宿泊施設「晴耕雨読ヴィレッジ」
  • 寸又峡「夢の吊り橋」。紅葉の季節など、ハイシーズンは長蛇の列ができるほどの人気スポット
  • 思わず息を呑むほどの青さは、チンダル現象のため。わずかな微粒子が溶け込んだきれいな水は、波長の短い青い光だけが反射され、着色して見えることがある
  • 「晴耕雨読ヴィレッジ」ハンモック付きゲストハウス
  • おせんべい屋のアイスクリーム「抹茶アイス × きな粉おかき&黒蜜」
  • 「晴耕雨読ヴィレッジ」足湯カフェ
「ハピママ*」更新情報が受け取れます