「夢の吊り橋」完全攻略!

「夢の吊り橋」まで1.4kmの表示

夢の吊り橋の散策ルート「寸又峡プロムナード」は、「晴耕雨読ヴィレッジ」のすぐ目の前にあります。

入り口から1.4km、約20分ほどで、夢の吊り橋です。

序盤は、歩きやすい、平坦な舗装路です。

トイレもある|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード

絶景を右手に見ながら、歩いて行くと、トイレがあります

この先、1時間はトイレに行けない、と考えておいたほうがいいので、子連れの場合は、必ず済ませておきましょう。

トンネル内部。空気がひんやりしていて、もちろん声は響く|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード

トイレを過ぎると、長いトンネルがあります。

中部電力・大間ダムの関係車両以外は、原則として通行がないので、危険はありません。

かなりレトロな雰囲気のトンネルで、冒険気分。なかには、怖がってしまう子もいるかもしれませんね。

夢の吊り橋へは、分かれ道を右へ|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード

トンネルを抜けると、ほどなく、分かれ道があり、右へ。

いきなり視界に、目の醒めるような「青」が飛び込んできます。

眼下に、目の醒めるような青が|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード
急階段を一気に降りていく|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード

急階段を降りていくと、待望の「夢の吊り橋」です。

信じられないほどの風光明媚|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード

ここまで、順調なら、20分程度です。

行楽シーズンには、「夢の吊り橋」を渡る人が、長い待ち列を作っていて、渡るまでに30分ほどかかるケースもあるそうです。

定員10名の吊り橋ですから、仕方ないですね。

フォトギャラリー“夢の吊り橋”で絶景体験も! ハンモック付き宿泊施設「晴耕雨読ヴィレッジ」
  • 寸又峡「夢の吊り橋」。紅葉の季節など、ハイシーズンは長蛇の列ができるほどの人気スポット
  • 思わず息を呑むほどの青さは、チンダル現象のため。わずかな微粒子が溶け込んだきれいな水は、波長の短い青い光だけが反射され、着色して見えることがある
  • 「晴耕雨読ヴィレッジ」ハンモック付きゲストハウス
  • おせんべい屋のアイスクリーム「抹茶アイス × きな粉おかき&黒蜜」
  • 「晴耕雨読ヴィレッジ」足湯カフェ
「ハピママ*」更新情報が受け取れます