難関は帰り道

問題は、「夢の吊り橋」を渡りきった先です。

先ほど、急階段を降りていったわけですが、つまり帰るためには、同じだけ登らなくてはいけません。

夢の吊り橋を渡りきると、急な上りが続く|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード

しんどい、登り坂と、階段が続きます。

ここがいちばん、体力的にも厳しいところなので、子連れの場合は、休憩を取りながらいきましょう。

あまり足が進まないようであれば、おやつを食べると、効果的です。

帰路は左。右手には休憩所|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード

約200mの距離を登り切ると、看板があります。

トイレに行きたい場合や、飲み物が足りなくなってしまった場合は、尾崎坂展望台へ。

トイレについては、もう30分くらい問題なさそうであれば、行きに通ったトイレが、帰りも使用できます。

尾崎坂展望台は、草葉が茂っていて展望が利かないので、夏場は特に、あえて行かなくても良いでしょう。

飛龍橋|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード

帰路は、尾崎坂展望台と逆方向へ。

ここらは、すべて、序盤と同じ、歩きやすい舗装路のみです。

約350mで飛龍橋へ。

飛龍橋からも、それなりに絶景が見られるのですが、渡りきってもう少し進むと、視界が開けた休憩スペースがあります。

飛龍橋を渡りきると、視界が開けた休憩スペースが|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード
記念撮影はここがおすすめ|「夢の吊り橋」散策ルート:寸又峡プロムナード

ここからは、渡ってきた「夢の吊り橋」が、すっきりと見落とせて、寸又峡渓谷の山々も美しくみえます。

記念撮影は、こちらがおすすめです。

大人も、子どもも、さすがに疲れてくる頃ですが、間もなく、最初の分かれ道へと戻ってきます。

あとは、往路と同じくトンネルを潜り、トイレ前を通過して、20分ほどで「晴耕雨読ヴィレッジ」前へ戻ってこられます。

静岡県川根本町は、南アルプスユネスコエコパークの構成地域。

豊かな自然を、思う存分満喫できる、素敵なコースなので、ぜひチャレンジしてみてください!

■「晴耕雨読ヴィレッジ

静岡県榛原郡川根本町寸又峡温泉

《アクセス》
車:新東名高速道路「島田金谷」「静岡SAスマート」ICから約70分電車:大井川鐵道「千頭」駅からバス約40分

※寸又峡内に別施設「ショップ&カフェ 晴耕雨読」「晴耕雨読 ハンモックカフェ(中学生以上のみ入店可)」も有

「ハピママ*」更新情報が受け取れます