真夏はまだ先だというのに、気温30℃を余裕で超える猛暑日は続々と。扇風機では物足りず、エアコンを一日中つける日も出てくるようになってきました。

そうなってくると、意外と辛いのが“夏冷え”。

「汗もかくし、顔もほてる。暑くてたまらないはずなのに、手足は冷たく、いわゆる血行の悪い状態になる夏冷えは、冬と同じくらい腸も冷えていて、便秘の原因にもなってしまっているんです」と教えてくれたのは、美容師の高倉里美さん。

元気な腸を維持する生活を意識してから、高倉さんは夏バテ知らず。当然夏冷えにもなることがなく、便秘とも無縁な生活をしているのだそうです。

早速、夏冷え、便秘とも無縁の秘訣。教えていただきましょう!

美容師直伝の“夏冷え”対策

1: 一日一杯の酵素ドリンク

高倉「夏冷えにもならず、便秘とも無縁でいられるのは、毎日作って飲んでいる酵素ドリンクが、ひとつの成果だと思っています。

私の場合、酵素ドリンクは基本的には手作りの作りたて。低速ジューサーで作っていて、飲むのは一日一杯までと決めています。

また酵素ドリンクの材料は、1種類~3種類までの野菜と果物にしていて、割とシンプルなんです。

野菜と果物、どちらも手に入りやすい、ポピュラーなものばかりで、例えばスーパーフードと名がつきそうな、マニアックな材料というのもありません。

あまり凝りすぎても続かないので、このようにしています」

酵素ドリンクの材料は?

高倉「手づくり酵素ドリンクの材料は『にんじん+果物』のコンビにすることが多いです。これをベースに、その時々で材料を足したり変えたりしています。

にんじんの成分は、免疫力を高めて、肺がんや胃がんを予防する効果が高いと知られていますが、他にも髪や目、皮膚の老化防止の働きがあるともいわれているんです。

私の場合は妊娠中、便秘が一時的に酷くなってしまったので『にんじん+リンゴ』のコンビで、酵素ジュースを作って飲んでいました。

おかげで、そんな便秘が酷い時であっても、便秘薬などを飲まずに過ごせました」

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます