好きな人に勇気を出して告白したけれど、「好きだけど、付き合えない」と断られてしまった。

こんな経験をしたことがある女性、案外少なくないのではないでしょうか。

断られているのに、あまりネガティブな印象はない。しかし、スッキリしない、この「好きだけど付き合えない」という言葉。はたして信じていいのでしょうか?

実際に男性に聞いた意見をもとに、この断り文句に隠された本当の理由についてご紹介します。

「好きだけど、付き合えない」に隠された本当の理由って?

1:他に気になっている女性がいる

「好きだという気持ちは本当です。

でも、ぶっちゃけその子よりも気になっている女性が他にいるから、付き合えないんです」(28歳/デザイナー)

好きな人が他にもいるのであれば、女性側としては断られた方が良いですよね。

しかし、他にも気になっている女性がいるのに、はたしてこちらのことを「好き」と言っても良いものなのか……? と少し疑問が残ります。

どちらにせよ、複数の女性を同時に好きになれる男性は誠実とは言えないので、付き合わなくても正解かもしれません。

2:断りたいけれど、嫌われたくない

「共通のコミュニティがある女性からの告白だと、嫌われてしまうと今後の交友関係にも影響がありそうなので、ハッキリ断れない」(26歳/バイヤー)

たしかに、共通のコミュニティがある相手からの告白に応じられない場合は、ハッキリ断るのは気が進みません。

しかし、ここで気を持たせるような断り方をされると、いつまでも諦めきれずに辛い思いをするのは女性側です。

自分の保身のために、こんな断りかたをするなんて、なんだか男らしくないかも。

3:都合の良い関係のままでいたい

「告白される前に体の関係を持ってしまったので。

このままの関係の方が面倒がないし、楽。ハッキリ断ってしまうと、離れていってしまうけど、濁した伝え方をすればまだこれからも一緒にいられますし」(29歳/IT関連)

女性側は真剣に告白しているというのに、人の気持ちを一体なんだと思っているのか、開いた口が塞がりません。

ここまで不誠実な人はなかなかいないとは思いますが、やはり付き合う前に体の関係を持ってしまうと、告白してからも傷つけられてしまうことに繋がるようです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます