恋で勘違いしないように、前のめりになりすぎないよう意識している女性は多いと思います。しかし、気をつけているのにかかわらず、発生してしまうのが恋の勘違いです。

ある一つの小さなポイントを見落としたり、過大解釈してしまったりすることから勘違いは起こりがち。

今回は、男性のどんな行動が女性の大きな勘違いにつながったのか、女性たちに教えてもらいました。

恋の勘違いを招いた男性たちの行動とは?

1: 「君にだけ」の“だけ”に勘違い

「業務上、出入り業者の男性を取り次ぐ機会が多いので、よく誘われました。そんな環境には慣れていたし、社交辞令にも気をつけてたんですけど。

一人の男性が『誘うのはあなただけです』『こんなことは今回だけ』と「だけ」を強調するので……。

誘われても、ずっと気をつけていたけど「だけ」の言葉に落ちてしまいました」(れなさん・26歳)

なんとこの男性、他意はなかったそう。だまそうとしたわけじゃない、つまり「だけ」をつけてしまう癖があったということ。

「だけ」と言ってるわりには進展もないし、ロマンチックな展開もない。なんだろうと思ったらただの癖で、知らないうちにつけて話してしまう。そりゃそんな男性はモテるわけです。

「だけ」って本当に強力な威力があるんですね。

2: 「ノー」と言わない

「ノーを言わない男性がいました。否定もしないし、反論もしない、だから何度もアタックしたんですがはっきり断られたりはしません。

『デートしようよ』『うん、いいよ』『じゃ、私デートコース考えるね』『うん』『また遊ぼうね』『うん、遊ぼうね』

こんな感じでノーと言わないからYESと思っちゃったんですよ。そしたら、めんどくさいから否定もノーもないって。

ノーを言わないこと=OKじゃないって知りました」(みゆさん・24歳)

ではどうやってノーか判断するかと言うと、行動です。

  • 誘っても具体的な話にならないのはノー
  • 上記のように100%受け身は実はノー
  • 「連絡ちょうだいね」「うん」の流れで連絡がないのはノー
  • こちらから連絡しなければ連絡がないのは実はノー

分からなくなったら、行動を起こしているかどうかで判断しましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます