年齢を重ねて、結婚している友人も周りに増えてくる30代。

妊娠・出産を希望しているけど、彼氏がいない、となると焦ってしまう30代女性は少なくないのではないでしょうか。

今後の人生についても考える機会が増え、20代の時に比べると出会いも減っていく。どのように恋活・婚活をして良いか悩んでしまいますよね。

今回は、実際に30代の女性に聞いた意見をもとに、30代の“彼氏募集”において、成功・失敗を分ける行動について紹介します。

30代の“彼氏募集”成功・失敗を分ける行動とは?

1:彼氏に求めるものを明確にする

「30歳で、長く付き合っていた彼氏を作ろうと思い、マッチングアプリや婚活パーティーを積極的に利用しました。

でも、なかなかうまくいかなくて。

婚活パーティーがきっかけで結婚した友人に相談すると、理想が高すぎるんじゃない? と言われました(笑)

そこで、10枚の紙に1つずつ理想の相手の条件を書き、2枚ずつ選んでどちらかを選び、最終的に1枚にする、ということをしてみました。

これをしたことで、自分が相手に求めるものがハッキリ分かり、彼氏を作ることができました!」(32歳/事務)

年齢を重ねると、その分経験が増えますので、人を見る目が肥えてきます。

また、つい結婚に意識がいき、より相手の男性にいろいろな条件を求めてしまうことは、よくあります。

例えば、年収が〇〇円以上で貯金も〇〇円は持っていて欲しいし、見た目もカッコよくないと嫌で、共通の趣味も欲しい。なんて欲張りになってしまうことは、自然なことです。

しかし、現実的に考えて、そんな完璧な人はなかなかいませんし、条件を兼ね揃えていたとしても、フィーリングが合わないこともありますよね。

また、自分が彼氏に求めているものがよくわからず、とりあえず嫌いじゃないから付き合う、ということを繰り返してしまうパターンもあります。

そうなると時間の無駄になってしまいますし、付き合って別れるという行動はエネルギーを消費しますので、疲弊してしまうことにも繋がりかねません。

ですので、こちらの女性のように、自分が相手に求めるものを明確にする行動は効果的です。

まずは恋活・婚活をする前に、自分が相手に求めるものが何かを整理してみてはいかがでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます