会話は大事なコミュニケーション。ですが、男性には「ウザい」と感じる女性の話があるようです。

どのような話なのか、男性側のリアルな意見をチェックしてみてください。

正直ウザい! 男性が敬遠する女性の話って?

1: 「黙っていれば可愛いって言われるんだけどね~」

「黙っていれば可愛いと言われる……みたいな話が面倒くさいです。

男性側は「そんなことないよ」とか「それも可愛さの一つじゃない?」っていう無難な返答しかできないので正直勘弁してほしい」(28歳男性/営業)

見た目の可愛さに自信がある女性に多いのが「黙っていれば可愛いと言われる」というセリフ。とくに、サバサバしてると思われたい! という女性に多いようです。

最近は自称サバサバ女子なんて言われることも多いので、心当たりのある女性は注意したほうがいいかもしれません。

2: 「この前ナンパされちゃって~」

「ナンパされるたびに自慢してくる女性、本当にウザいです! ナンパされる=モテている証拠、と感じているかもしれませんが、必ずしもそうではないと思います。

何人にナンパされた~とか、またナンパされた~とか、そういう話は心底どうでもいいです」(29歳男性/営業)

女性としては、「ナンパされるのはかわいいから」と考えがちですが、男性目線ではそうでもないという辛辣な指摘……。

また、興味のない女性がナンパされたところで、何の興味も湧かないのでかなりウザい自慢に感じてしまうそうです。

ナンパ自慢は同性からも嫌われがちですが、異性にもしないほうがいいかもしれません。

3: 「SNSでのフォロワー〇人なんだよ~」

「Twitterとかインスタとかのフォロワーの人数の話をしてくる女性は本当に多いです。でも、別に多いからといって羨ましいとか、悔しいとかそんな気持ちは一切湧いてきません。

むしろ、また言ってる……とげんなりします。他に話題がないことを証明しているようにしか聞こえません!」(31歳男性/IT)

今や生活には欠かせない存在となりつつあるSNS。フォロワーの数が気になってしまうのが正直なところですが、仮にフォロワーの人数が多くてもそれを口にするのはやめておいたほうが無難です。

特に、SNSを積極的に楽しんでいない男性にとっては、興味がない話であるうえに、「それが何になるの?」と疑問を感じてしまうようです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます