子育て世代の女性は、どうしても自分よりも子どものお世話が優先になってしまいがちです。

ゆっくりとお肌のメンテナンスをしたいと思っていても、なかなか思うようにいかないと悩んでいる人も少なくありません。そこで今回は、お風呂でできる時短美容方法とおすすめグッズをご紹介します。

子育て世代ママはとにかく忙しい…

よく「子育て世代の女性は忙しい」と言われますが、それはなぜでしょうか?

幼い子どもを育てる女性は「食事の支度をしながら子どもの相手をする」「子どものぐずりに付き合う」「お風呂に入れて歯磨きさせて寝かし付ける」「次の日の準備や家の片付け」などやることがとても多い上に、子育てと仕事をしているとなるとかなりの負担がのしかかることになります。

毎日仕事でクタクタになりつつも子どものために精一杯頑張り、子どもが寝入った後には「性も根も尽きてしまって自分のメンテナンスどころではない」という人も少なくありません。

しかし、この時期にしっかりと自分のケアを続けるかどうかということは、5年後10年後の美に驚くほどの差をつけるものです。

そこでおすすめなのが、毎日の「お風呂時間」を利用して美容ケアをすること!お風呂の中でできる時短美容法を続ければ、子どもと一緒でもコツコツとキレイを目指すことができます。

毎日数分間の時短ケアですが、続けることできっと美を維持することにつながるはずです。子どものためにも「キレイなママ」を目指してみませんか?

ママにおすすめのお風呂で時短美容!

ここでは、子育てや仕事で忙しい女性でも気負わずにできるおすすめの時短美容法を3つご紹介します。

時短美容に欠かせないケアグッズもピックアップするので、ぜひ参考にしてください。

湯船に植物オイルを垂らして入浴すればボディークリームを塗る手間が省ける

年齢とともに乾燥が気になる人におすすめなのが、湯船に植物オイルを垂らして入浴をすることです。

通常の乾燥対策と言えば、湯船から出た後にボディクリームやオイルなどを体に塗布しますよね。

しかし、子どもと一緒に入浴をしている場合は自分のメンテナンスどころではなく、子どもの体を拭いたり着替えさせたりすることで手一杯という女性が多いはずです。

湯船の中にオイルを垂らして入浴すると、入浴中にオイル成分が皮膚表面に付着してボディクリーム代わりとなり、お風呂上がりに何も塗らなくても潤いが持続します。

「お風呂上がりにボディクリームを塗っている時間がない」という人は、ぜひ入浴中に乾燥対策ケアを取り入れてみましょう。

「ホホバオイル」

ホホバオイルは植物オイルの中でも定番のオイルで、優れた保湿力と様々な用途に応用できる万能さが魅力的です。

湯船に垂らして使用するのはもちろん、クレンジングや保湿オイルとしても利用でき、ヘアケアやマッサージオイルとしても活躍してくれます。

ヘッドキャップで本格的なヘアパック

産後の女性はホルモンバランスの急激な乱れによって、髪質が低下したり抜け毛が増えたりしてしまいがちです。

美しい髪の毛は多くの女性の憧れでもあり、実際に「髪質が見た目年齢に関係する」と言われることも珍しくありませんよね。

お風呂上がりにゆっくりと自分のケアができない子育て中のママには、お風呂の中でできるヘアケア方法がぴったり!

トリートメントを髪の毛に塗布した後に専用のヘッドキャップをかぶれば、お風呂場の蒸気がスチーム代わりとなり本格的なヘアパックができるでしょう。

お肌をメンテナンスするのはもちろんですが、若々しさを保つためには髪の毛のケアも怠ることなく続けるのがポイントです。

「ヘッドサウナスキャップ」

ヘッドキャップは頭皮を温めることによって血行の促進を促し、髪の毛に必要な栄養素を届けやすくしてくれます。

入浴中に使用できるのはもちろんですが、冷蔵庫で冷やして使用することもできるため、季節に合わせて様々な活用方法ができます。

お風呂に入りながら頭皮改善・髪質改善ができるため、特に産後の抜け毛や髪質低下が気になっている人にはぴったりでしょう。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます