【串遊海鮮 かいり】の痛風鍋赤

みなさんは、痛風鍋をご存知ですか?痛風鍋は口コミ人気も高く、Twitterでは1万リツイートもの話題を集めました。

今回はおすすめの痛風鍋のお店をご紹介しつつ、「痛風鍋は本当に美味しいのか?」という疑問を解決します。

痛風鍋とは?

「痛風鍋って何?」という方もいらっしゃると思います。そこでこれから、痛風鍋とは何か解説していきます。

痛風鍋にはプリン体が凝縮している?

痛風鍋とは、牡蠣や白子、あん肝などの高級食材がたっぷり入った鍋料理のことをいいます。具材のほとんどがプリン体を多く含んでおり、痛風になりやすい鍋というところから痛風鍋と呼ばれています。

しかし痛風鍋を食べて痛風になってしまった!という事例はほとんど無いみたいなので、安心してくださいね。

1万リツイートを獲得した話題の痛風鍋!

痛風鍋発祥の地は仙台市で、「地酒と宮城のうまいもん処 斎太郎」というお店が2016年に、常連さんのリクエストに応える中で生み出した鍋のようです。

それを公式Twitterに写真投稿したところ、1万リツイートもの話題を集め、口コミは広がっていきました。現在では仙台市に限らず、都内でも痛風鍋を楽しめるお店が増えてきています。

痛風鍋は見た目のインパクトが大きいものが多く、写真映えします。そのためSNS上に写真投稿がされる機会も多く、現在でも口コミは広がり続けています。

フォトギャラリー【画像ギャラリー】痛風鍋はほんとにウマいのか!?人気の2店で実食してみた
  • 日本酒と海鮮 痛風屋 池袋西口店の痛風鍋
  • 日本酒と海鮮 痛風屋 池袋西口店を煮込むと…
  • 濃厚味噌が具材に染み込んで美味しい
  • 日本酒と海鮮 痛風屋 池袋西口店の他メニュー
  • 日本酒と海鮮 痛風屋 池袋西口店の生牡蠣

【日本酒と海鮮 痛風屋 池袋西口店】の痛風鍋が絶品!

まずご紹介するのは、「日本酒と海鮮 痛風屋 池袋西口店」(以下痛風屋)の痛風鍋です。

日本酒と海鮮 痛風屋 池袋西口店の店内

痛風屋は全席個室で、落ち着きのある空間でした。大きな窓が付いていたので、開放感とともに痛風鍋を楽しむことができます。

痛風鍋

日本酒と海鮮 痛風屋 池袋西口店の痛風鍋

今回注文した痛風鍋は、「痛風鍋」¥5,456(税込み)です。痛風屋の中でも定番商品です。

従来の痛風鍋は見た目のインパクトが大きいですが、こちらの痛風鍋はそこまでではありません。「痛風鍋の見た目はグロテスクに感じてしまう……」という方におすすめです。

痛風鍋を煮込むと…

火を通すとたくさん乗った味噌が溶け、具材が見えてきます。牡蠣や白子、あん肝などの定番食材に加え、エビとたっぷりの野菜が入っていました。野菜たっぷりはヘルシーでありがたいですね。

他の具材に火が通るまでは、あん肝と野菜を楽しむことができます。濃厚味噌スープに溶けたあん肝は、まろやかでコクたっぷりです。

濃厚味噌が具材に染み込んで美味しい

スープは味噌ベースで程よいまろやかさです。あん肝などが溶けてもくどくなりすぎません。そして牡蠣、白子、あん肝、エビ、どの食材も新鮮であることが食べてみてよくわかりました。濃厚味噌が具材に染み込んでいます。ご飯と一緒に食べても美味しそうです。

結論、痛風鍋は美味しい!

筆者は痛風鍋を食べるのが初めてでしたが、初めてが痛風屋でよかったです。痛風は怖いけど、リピートしてしまいそうです。

[番外編]他メニューのおすすすめ!

日本酒と海鮮 痛風屋 池袋西口店の他メニュー

まずドリンクは、「レモンサワー」¥462(税込み)一択です!痛風鍋にはプリン体が多く含まれているので、生ビールはもってのほかです。まろやかな痛風鍋とさっぱりとしたレモンサワーは、相性抜群です。

お通しとして付いてきた、イカの塩辛も程よい塩味で美味しさ抜群でした。お通しとは思えないほどです。

日本酒と海鮮 痛風屋 池袋西口店の生牡蠣

続いておすすめしたいのが、「生牡蠣」価格は時価です。

今までに無いほど、身がプリプリでした。痛風鍋を食べる前には生牡蠣、痛風鍋では煮牡蠣といったように、味を食べ比べてみるのも楽しいですよ。

以上が「日本酒と海鮮 痛風屋 池袋西口店」のご紹介でした。痛風鍋初心者の方でも大満足できる、おすすめのお店です!