届いたばかりの「日本一おいしいミートソース」
フォトギャラリー【写真あり】「日本一うまいミートソース」のお店は、肉も激ウマだった!(メニュー画像あり)
  • パスタをすくうとミートソースが見えてくる
  • 「松阪ポークの伊(イタリアン)ステーキ」のアップ
  • 「松阪ポークの伊(イタリアン)ステーキ」
  • 届いたばかりの「日本一おいしいミートソース」
  • 「皮つきフライドポテト」と「リモンチェッロサワー」

「日本一おいしいミートソース」のお店で味わう、激ウマ肉!

「日本一おいしいミートソース」で知られる『東京MEAT酒場』。

同武蔵小山店が、昨年10月にリニューアル。外観と内観はもちろん、メニューもリニューアル。同店だけで提供するメニューも登場したという。

どんな料理を食べさせてくれるのか、期待に胸をふくらませながら『東京MEAT酒場 武蔵小山店』へ向かった。

東京MEAT酒場 武蔵小山店の外観

『東京MEAT酒場』といえば、提灯がぶら下がったイメージが強い。ところが、改装した『同武蔵小山店』には提灯はいっさいなし。まるでオシャレな定食屋か食堂のような雰囲気。

東京MEAT酒場 武蔵小山店の内観

「ランチはイタリアン食堂のコンセプトで、イタリアンな定食をご用意しています」と教えてくれたのはスタッフの濱名一樹さん。

元気なスタッフの濱名一樹さん(左)と大田一輝さん

まずは充実の「“肉ランチ”定食」をいただきます

定食は、「松阪ポークの伊(イタリアン)ステーキ」(1200円)、「グラスフェッドビーフのステーキ」(1800円)、「カジキマグロのソテー」(1200円)、「ミート酒場のローストビーフ丼」(1400円)の4種類。

「ぜひ『松阪ポークの伊ステーキ』を召し上がってください。ローマの名物料理『サルティンボッカ』をうち流にアレンジした料理です」

本来、仔牛肉などとプロシュット(生ハム)とセージ(ハーブの一種)で作るのがサルティンボッカ。それを松坂ポークと大葉で応用したというのだ。

豚モモ肉に「醤」(ジャン)と名付けた発酵調味料を塗り、その上に大葉をかぶせ、プロシュットを巻いたものをソテー。これが「松阪ポークの伊ステーキ」だ。

「濱名さん、醤ってなんですか」

「弊社の代表、四家(よつや)が考案した発酵調味料です。弊社ではお客様の健康を考え、化学調味料を使わず、発酵調味料で旨味を出しています」

オリジナルの発酵調味料「醤」
東京MEAT酒場 武蔵小山店流サルティンボッカ

待つこと5分。「松阪ポークの伊ステーキ」が届いた。

「うまい肉」更新情報が受け取れます