納豆にちょい足しするものといえば、何を思い浮かべますか?

「やっぱり添付のたれが一番!」「生卵が最高」「ねぎは絶対外せない!」など、人それぞれ好みがあるでしょう。

そんな中、納豆にちょい足しすると、おいしいだけでなく、栄養的にもプラスになるもの、知りたくありませんか?

そこで今回は、管理栄養士で発酵食スペシャリストの矢崎海里さんに、栄養的にお得になる納豆へのちょい足し術を伺いました。

納豆にちょい足しすると栄養的もおトクになる食材って?

1: ねぎ

矢崎海里さん(以下、矢崎)「納豆は、さまざまな栄養素をバランスよく含んでいますが、ビタミンCを補うことができません。

その分、ねぎをプラスすることでビタミンCを補うことができ、栄養バランスがとれます。他にアボカドなどもビタミンC含有量が多く、納豆との味や食感の相性が良いため、おすすめです」

2: しらす

矢崎「納豆にはカルシウムが含まれていますが、カルシウムはビタミンDによって吸収が高まります。そのため、ビタミンDを含む食材を一緒に摂るとおトクです。

おすすめなのが、しらす。魚にはビタミンDが多く含まれており、納豆との相性が特に良いからです。

ただ、しらすは塩気が強いので、納豆のたれの量を調節するなど、工夫をしましょう」

3: 大根

矢崎「納豆を食べると、鉄も補うことができます。ただし納豆に含まれている鉄は、肉や魚に含まれる鉄と比較すると吸収されにくいのが難点です。そのため、吸収率がアップするビタミンCを一緒に摂るのがおすすめです。

先ほどのねぎやアボカドでも良いですが、他には大根もビタミンCを多く含むため、おすすめです。

すりおろした大根おろしも良いですし、大根の葉にはビタミンCが豊富に含まれているので、細かく刻んで混ぜて食べると食感も良く、おいしく食べられますよ」

4: 焼き海苔

矢崎「妊娠中、胎児の発育に重要とされている葉酸も、納豆には多く含まれています。

葉酸はビタミンB12と相性がよく、ビタミンB12を含む海苔を一緒に補うことで、効果を発揮します。焼き海苔や韓国海苔などで納豆を巻いて食べたり、青のりを加えたりするのもおすすめです」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます