2017年もいよいよ終わり。ということで、アニソン大好きなライターが、今年のアニメ主題歌を振り返り、ベストヒット的にお気に入りの20曲をご紹介します。

原則として、「1アーティストにつき1曲」「1番組から1曲」というルールを設けて、眉間に皺を寄せてウンウン唸りながら選んだ20曲です。

尚、各曲に順位は付けず、順不同のセレクションとなっております。

2017年を代表するヒット曲を筆頭に、名曲がズラリと揃いました!

●どうぶつビスケッツ×PPP『ようこそジャパリパークへ』(『けものフレンズ』OP)

アニメの人気が高まると共に、その主題歌も人気を呼び、大ヒットを記録。遂には、この曲を引っ提げ『ミュージックステーション』にも登場……と、名実ともに本年度を象徴するアニソンとなったのが、『けものフレンズ』のオープニングを飾った『ようこそジャパリパークへ』です。

"フレンズ"を演じる出演声優陣のチャーミングな歌声に加えて、コンポーザーを務めた大石昌良さんの才気が光る本曲。

鍵盤のポップなサウンドが、メロディと歌に快活なエネルギーを与えると同時に、そのリズミカルな響きは、曲全体をよりキャッチーなものへとコーティング。更に、曲の後半ではハンドクラップやオペラ的なコーラスをまぶして、音のレイヤーをより多層的にすることで、曲の印象をより一層、深いものへと仕立て上げています。

友愛を描いたリリックも、あらゆる層の心に響くエモーションを宿しており、そのヒットの理由も納得。2017年度のアニソンシーンが生み出した大名曲です!

●劇団ひととせ『あ・え・い・う・え・お・あお!!』(『ひなこのーと』OP)

ある意味で2017年最大の問題作にして、同時に、"電波ソング"の傑作です。リズム感が強調されたバックトラックに乗せて展開されるのは、美少女キャラクターによる台詞の掛け合いに早口言葉、そして朗読劇。

"歌"という概念を天高く超越したヴォーカルは、自由奔放に錯綜し、リスナーの耳と感性に飛び込み、そして、依存度高めな中毒を引き起こす。

電波ソングや萌えソングと呼ばれる音楽ジャンルに、まだこんなにも引き出しがあったのか! という新鮮な驚きを与えてくれた『あ・え・い・う・え・お・あお!!』。電波ソングの奥深さに改めて気付かされたという発見も込みで、本年度のアニソンを語る上で欠かせない必聴のナンバーだと思います。

●(K)NoW_NAME:NIKIIE『Morning Glory』(『サクラクエスト』OP)

音楽制作チーム、 (K)NoW_NAMEが音楽を全面バックアップした『サクラクエスト』からは、この曲を。快活なメロディとヴォーカリストのハツラツとした歌声が印象的なナンバーで、ピアノを加えたバンドサウンドの完成度も堪りません。

ポップス感とオシャレな感性が巧みに配分されており、難しいことを考えることなく、歌とメロディに身を任せるだけで、音楽がもたらす多幸感を存分に味わうことができます。

"ポップ・ミュージック"のお手本のような1曲であり、ポップスとしての普遍性がキラリと光るナンバーです。

●SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle & Gemie『gravityWall』(『Re:CREATORS』OP)

『Re:CREATORS』の劇伴や主題歌で重厚なサウンドを聴かせてくれた澤野弘之さんのお仕事も、イチアニソンファンとして記憶に留めておきたい本年度の重要な音楽トピックのひとつ。

特にお気に入りなのがこの曲で、インダストリアルサウンドを思わせるハードで荒涼としたバックトラックと、二人の女性ヴォーカリストによる厚みのある歌声は、胸を震わせるエモーションを宿しています。

曲の全体から溢れ出すダークで耽美的な美しさと、それを目の前にした時のゾクゾクするような快感に抗う術はなく、澤野さんの創り出すサウンドにただただ圧倒される。

MYTH & ROID『JINGO JUNGLE』(『幼女戦記』OP)と並び、2017年に生まれた"ダークウェーブ"な名アニソンです!

●Mrs. GREEN APPLE『On My MiND』(『ナナマル サンバツ』OP)

"J-ROCK"なバンドによるアニメ提供曲の中でも、アニメ本編のストーリーと強くマッチした音世界で、自分の琴線に強く触れたのが、Mrs. GREEN APPLEの『On My MiND』です。

独特なギターフレーズと要所要所でファルセット・ヴォイスを盛り込んだ歌唱が耳に残るスピード感満載の楽曲は、『ナナマル サンバツ』のオープニングアニメーションとの相性も抜群。

この曲に合わせて、仲間やライバルたちが次々に画面に登場する「少年漫画」感溢れるアニメーションには、心からワクワクさせられました。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます
バックナンバー