「食事制限なしのお手軽ダイエットってないのかな」と思ったことがある方はとても多いのではないでしょうか。

今回は、食事制限も激しい運動も必要ない「8時間ダイエット」をご紹介します。

実際に筆者が挑戦してみたので、感想や結果も正直にお伝えします!

「8時間ダイエット」とは

8時間ダイエットとは、「8時間以内に1日のすべての食事をとる」ダイエット方法です。

ここ数年「断食」が注目されていますが、8時間ダイエットもその一種です。断続的断食と呼ばれ、空腹時間を多くとることにダイエット効果があるのです。

一般的なイメージの「断食」とは違い、まったく食べ物を摂取しないわけではないため、続けやすくリバウンドしにくい方法として注目されています。

さらに、8時間以内であれば好きなものを食べたり飲んだりしてもいいことから、食べるのが好きな人でも成功しやすいといわれています。

8時間以内であれば、特に時間帯に関する指定はありません。

早い時間に夕食を食べられるのであれば、朝食の時間を後ろにずらすなど、自分の生活スタイルに合わせて調整することもできます。

もし、断食している16時間の間に我慢できなくなったら、ナッツやヨーグルトを食べましょう。栄養を摂取でき、腹持ちもいいので食べてもOKです。

効果が出やすい理由

食べる時間を調整するだけの8時間ダイエット。食事制限や運動しなくても効果が期待できる理由はなんなのでしょうか。

主な肥満の理由となるのは「夜遅くの食事」です。夜遅くにご飯を食べてしまうと、酵素の働きが活発になり、昼間よりも栄養の吸収率が上がってしまうのです。

また、夜食べた後はお風呂に入ったり眠るだけ。活動量も昼間に比べると低いので、食べたものが消費されないまま身体に蓄積されてしまいます。

そこで、食事を食べられる時間を8時間と決めることで、余分な摂取カロリーをカットするのです。

もう1つの理由は、身体の代謝を上げるダイエット法であるから。

食べ物を食べる時間を短くすることで、老廃物の排出や生命の維持に使われる代謝酵素の排出時間を増やします。

代謝が上がれば、普段の生活での消費カロリーを高めることができるので、痩せやすい体へと変わっていくのです。

8時間ダイエットがリバウンドしにくいといわれる所以もここにあります。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます