彼氏や好きな人と過ごす中で、ちょっとした違和感を抱くことはありませんか?

相手に夢中な状態だと、違和感を受け流してしまうことが多いですが、実はその感覚はしっかりと受け取るべき警戒アラートかもしれません。

今回は「こんな言動があったら要注意」な、付き合っても幸せになれない男性の特徴を紹介します。

自分の中に湧き上がった違和感を見てみぬふりをしないよう、しっかりと相手のことをチェックしましょう。

男性のこんな言動は受け流さないで!

1: 自分から誘ったのにデートをキャンセルする

いくら忙しくても、自分から誘ったのにも関わらずデートをキャンセルする男性には気をつけましょう。

ここで違和感や不満を飲み込んで聞き分けがいいふりをするのは危険。男性にとって都合のいい女性になってしまいます。

デートをキャンセルして、代替案を提示してきたり「ディナーをご馳走するから許してください」という謝り方をしてくる男性もいるでしょう。

この際、女性もそれ以上怒ることはないように感じます。しかし、一方で心のどこかでモヤモヤが残ることもありますよね。

そのモヤモヤの正体は、「デートを楽しみにしていたのに」という残念さからくるものではありません。本当は心のどこかで、その男性の人間性を疑っているのです。

「楽しみにしててくれたと思うのに、本当にごめんね」と謝ってくれる男性なら、モヤモヤすることもないでしょう。それにきちんとした事情があるなら、女性だって「それはデートなんかしてる場合ではないよね」と納得できるに決まっています。

自分で誘っておいてキャンセルしたり、お金で解決できると思っていたり、相手を軽視していることに問題があるのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます