岐阜県の最北端に位置する飛騨・高山エリアにある「レールマウンテンバイクGattan Go!!」は、廃線の鉄路と自転車を組み合わせたアクティビティ。

2台の自転車をフレームにがっちり固定したレールバイクで、「旧神岡鉄道」のレールの上を走ります。大人も子どもも大興奮のアクティビティをレポート!

フォトギャラリー【レールマウンテンバイクGattan Go!!渓谷コース】体験レポを写真で見る
  • レールに沿って生えている小花もかわいい
  • 街中をのんびりと走行
  • 三世代での旅行にもぴったり!
  • 身長が足りない子供は補助席でサイクリングを楽しもう
  • トロッコにみんなで乗るのも楽しい

自転車に乗れなくても大丈夫!電車のレールをサイクリング気分で♪

2006年12月に廃線となった旧神岡鉄道の線路の上をマウンテンバイクで颯爽と駆け抜ける、新感覚の乗り物「レールマウンテンバイクGattan Go!!(ガッタンゴー)」は、敷かれた電車のレールコースを自転車でサイクリング気分で走行できます。

まずは受付へ。順番が来たらヘルメットとハーネスを装着。安全面も配慮されているので、小さな子供と一緒でも安心。ただし、自転車をこぐには身長が145cm以上必要です。

マウンテンバイクは電動アシスト付き!

身長が145cmない方は補助席に座ります。また、小学生がこぐ場合は必ず成人の方とペアを組むことが必要です。

大自然の中で冒険気分を満喫できる「渓谷コース」

コースは「まちなかコース」と「渓谷コース」の2つあり、乗車場所は別々の場所にあり、「渓谷コース」は、大自然に囲まれたコースの途中トンネルを通過したり、下に川が流れる高さのある橋を渡るなど、冒険感溢れるワイルドなコースを走行。

コースの距離は片道3.3km、往復6.6km。所要時間は説明時間を含め1時間ほど。

真ん中の席の下に荷物も収納できる

「渓谷コース」の乗り物の種類は、一車両3名までの観覧シートセットのみになり、どちらのマウンテンバイクも電動アシスト付きなので、体力に自信がない人も往路と復路で交代するなど、協力プレイで走行することができます。

グリーンシーズンも清々しくて気持ちがいい

自然豊かな景色の中で、橋を通過したりトンネルを走行するのですが、トンネルが超真っ暗で結構怖いんです!

何が怖いって、走行中上から水が垂れてくるんですけど、それが冷たいしびっくりするし、まるで肝試しのよう!

垂れてくるか来ないか予測できないので、リアルに「ぎゃーーーーー!!」と、叫んでしまいました(笑)。

手に冷たい水が垂れて「ぎゃああああ!!」と叫びながら猛スピードで走る

帰りのトンネルはすっかり怖さがなくなり、大冒険をして勇敢になった気分に!子どもたちにとっても、素敵な体験になること間違いなし!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます