ふと「生きるのがつらい」と思ってしまうことはありませんか。

たとえば、仕事でつらい目に遭ったり、他人と比べて自分を卑下してしまったり。はたまた、職場の人間関係に悩んだり、お金がなくて将来が不安になったりするなど……。

なにかしらの原因があって、「生きるのがつらい」と思ってしまう人が多いのでは?

でも、逆に「つらい」と思う背景がわかっていれば、自分の人生が楽しくなる糸口も見つかりやすい状態にある、とは言えないでしょうか。

今回は、そんな生きるのがしんどいと感じてしまっている人たちへ、どうしたら少しでも人生が楽しくなるのか、その方法を紹介します。

人生を上向きにする4つの方法

1: 幸福のバランスを整える

いま、自分の「幸福のバランス」はどのくらいなのか、考えたことはあるでしょうか。

人が「幸せだ」と感じる状態になるには、「人生を楽しくさせる要素」をバランスよく保っていることが、大事だと思います。

「人生を楽しくさせる要素」とは、たとえば仕事、健康、人間関係、家族、お金、自分の時間、住環境、三大欲などでしょうか。

これらのポイントをバランスよく保っている人は、幸せを感じやすいのかもしれません。

やりがいのある仕事があり、健康で、職場友人などの人間関係も恵まれており、家族があって、お金も多くはないけれどそこそこある。

趣味の時間もそれなりに確保でき、住む家もあり、毎日おいしいご飯を食べている……といった具合です。

それぞれの項目に対して、自分がどれだけ重きを置いているかを把握し、優先順位をつけてみましょう。

2: 自分の目標に向かって歩いていく

大事なのはバランスで、どれか重要なものがひとつでも欠けたり、逆にどれかひとつだけ埋まったとしても、満たされない気持ちは生まれてしまうことでしょう。

また、人は日々変化していくものです。いまは「幸福のバランス」を保っていても、仕事が物足りなくなったり、体に支障をきたしてくるということが起こり得ます。

はたまた、友人が結婚して独り身が寂しくなったり、仕事が忙しくて自分の時間が取れなくなったりする可能性も、大いにあり得ることです。

仕事でも趣味でも健康でも、いまの自分に足りないものはなにか。

目標を持って「幸福のバランス」を整えられることが、自分の人生を楽しくすることにつながっていきそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます