「グランピング」は、「グラマラス」と「キャンピング」を組み合わせた造語で、近年、人気レジャーのひとつとなりつつあります。

贅沢な設備やサービスを利用して、自然の中で快適に過ごす時間をすでに体験している人も多く、自身の趣向に合わせて、個性的な「グランピング」グッズを買い揃え、自分だけの「グランピング」を楽しむ人が増えています。

「楽天トラベル」「ラクマ」における、2020年の「グランピング」関連消費トレンドが発表されました。

フォトギャラリー【グランピング】人気の宿・関連消費商品を写真でさらに見る
  • 【3位】GRAN CAMPINGパームガーデン舞洲by WBF
  • 【1位】キャメルホテルリゾート
  • 【2位】マヒナ・グランピング・スパ・ヴィレッジ
  • 【1位】薪割り台
  • 【2位】薪ストーブ

グランピングが人気の宿ランキング

5位 妙義温泉 妙義グリーンホテル&テラス (群馬県)

4位 鹿の音がこだまする御宿 離れ 花山水 (千葉県)

3位 GRAN CAMPING パームガーデン舞洲 by WBF (大阪府)

自然の中だけでなく、都市部でもグランピングを楽しめる宿泊施設も人気を集めています。

大阪の中心地梅田から、車で約30分程度とアクセスしやすい立地ながらも、キャンピングカーやトレイラーハウスでの宿泊を楽しむことができる「GRAN CAMPING パームガーデン舞洲 by WBF」が3位にランクインしました。

近年の旅行者のニーズの多様化とともに、様々な形態の「グランピング」施設が生まれているようです。

2位 マヒナ・グランピング・スパ・ヴィレッジ (静岡県)

2位には、アウトドアの雰囲気を楽しみながら、高級ホテルのように快適な滞在ができるキャンピングスタイルの施設「マヒナ・グランピング・スパ・ヴィレッジ」がランクインしました。

自然に溶け込むように設けられたテントや、相模湾の絶景を満喫できる露天風呂に加えて、伊豆ならではの食材や高級食材を使った本格的なBBQも好評です。

1位 キャメルホテルリゾート (千葉県)

1位の「キャメルホテルリゾート」は、緑豊かなゴルフ場に併設しながら最寄りの海水浴場までも車で約15分の場所に位置し、山と海のどちらも楽しむことができます。

各テントには、ゴルフ場ならではの広大な敷地をいかした150平米のプライベートエリアが付いており、定員も10名まで泊まることができます。

三世帯や友人同士のグループ旅行、ペット連れでの宿泊にも最適です。

算出日: 2020年2月4日(火)
集計方法: 楽天トラベル「グランピング」のキーワードを含む宿泊プランの宿泊人泊数(宿泊人数×泊数)実績をもとに算出
集計対象期間: 2019年2月1日(金)から2020年1月31日(金)

「ハピママ*」更新情報が受け取れます