大容量かつリーズナブルな価格の品物が幅広く揃っていることで知られる、会員制倉庫型店「コストコホールセール」。

会員制のため、基本的に買い物をするには会員登録が必要で、年会費4400円(税抜)がかかりますが、それを補って余りある魅力がコストコにはあります。

店内には食料品はもちろん、日用品や家具まで、世界中のメーカーの良質な品物がズラリ。時期によって品揃えが変わるほか、一般的なスーパーマーケットでは手に入らないような珍しい商品が多く、思いもよらない一品との出合いも。単にお得な買い物ができるだけでなく、そういった一種のエンタテインメント性がコストコユーザーを惹きつけていると言えるでしょう。

本稿では、そんなコストコで要チェックの食料品の中から、お弁当のおかずにも重宝する冷凍食品を厳選しました。

いずれも約1kgというボリュームですが、冷凍庫のスペースさえ確保しておけば保存には困らないはず。

お子さまのお弁当用のほか、忙しくて買い物に行けなかったときや、調理の手間をかけられないときなどにもどうぞ。

CP チキンナゲット 1kg 718円

チキンナゲットは、子どもウケの良いおかずのひとつ。冷めてもおいしいので、お弁当にぴったりですよね。そのままお弁当に入れてもいいし、ケチャップやソースを付ければ簡単に味を変えられるのもいいところ。

こちらは、そんなチキンナゲットが1kg入った冷凍食品です。

調理済みなので、油で3~4分揚げるか、オーブンで6~7分加熱すれば食べられます。準備が面倒であれば、トースターで調理するのもあり。

トースターを使う場合の目安は約10分、焼き上がりの様子を見ながら途中でひっくり返すのがポイントです。

肉が柔らかく、衣はパリッとした食感。脂っこさはあまりなく、鶏肉の旨味が感じられて、適度なガーリックとスパイスの香りも絶妙です。特に味付けしなくてもおいしいので、ケチャップやマヨネーズなどはお好みで。

KIRKLAND Breaded PANKO SHRIMP(冷凍エビフライ) 1.13kg 2588円

子どもも大人も大好きなエビフライですが、エビとパン粉を用意して調理するのはちょっと面倒……というときに便利なのが冷凍食品。本品には、調理済みの冷凍エビフライが40~50尾も入っています。

ちなみに、箱に入っていてそのまま冷凍庫に入れるとかさばるため、事前に密封できる袋を用意しておきましょう。

調理方法は、予熱したオーブンに凍ったままのエビフライを入れて、約16分加熱。途中7分ほどで裏返すのが、おいしく仕上げるコツです。オーブンから取り出したあとは、一旦ペーパータオルに乗せて2分ほど冷ませば出来上がり。

一般的なエビフライは細長い形状ですが、こちらはエビを開いて揚げてあるので、うちわのように丸い形をしています。所々ザクッとした衣と、肉の厚いエビの食感の違いがクセになりそう。

衣に味が付いていますが、ソースやディップなどで味付けしても美味。白米がどんどん進むこと間違いなしです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます