新型コロナによる外出自粛で在宅時間が増える今、人々の間ではお掃除熱がヒートアップ中。しかし、どこを掃除するべきか迷っているママもいるかもしれません。

そこで家事代行「ベアーズ」で知られる、株式会社ベアーズの取締役副社長 髙橋ゆきさんに、今の時期にやっておくのがおすすめの、普段なかなかできない掃除場所を教えていただき、その場所別の掃除テクニックを教えていただきました。

外出自粛中に新たに始めたこと1位は「ふだんやらない大掃除・洗濯」に!

最近では、自宅にいながら掃除をする人が増えているようです。

LINEリサーチが2020年4月16日、日本全国の15歳~69歳の男女を対象に実施した「新型コロナウイルスに関する調査(第4回)」の結果では、外出自粛中に「新たに始めたこと」「以前より利用が増えたこと」についての問いに対して、「ふだんやらない大掃除・洗濯」が1位となりました。

外出自粛中に「新たに始めたこと」「以前より利用が増えたこと」

女性は33.4%と男性の17.8%よりも多い結果に!

子育て中のママの中にも、普段やらない場所の掃除に手をつけている人もいるかもしれませんね。

家事代行のプロ直伝!巣ごもり中におすすめの掃除場所5選

家にいる時間が増える今、普段できない掃除のチャンス。でも、どこに手をつけたらいいか迷ってしまうことはありませんか?

ベアーズの髙橋ゆきさんにおすすめの掃除場所を伺ってみたところ、「玄関「靴箱」「レースカーテン」「冷蔵庫」「自転車やバイク・ゴルフバッグなど」の5箇所だそう! その理由とお掃除のコツを一緒に教えてもらいました。

1.玄関

髙橋ゆきさん(以下、髙橋)「『よい氣は玄関から』と言います。ぜひ玄関のお掃除をしっかり行っておきましょう。

手のひらサイズにちぎった新聞紙を水につけてしぼり、たたきの上にまんべんなく置いてほうきで掃いてみてください。濡れた新聞紙が細かいゴミを吸収してくれ、とりにくい汚れを誘い出してくれます。最後はぞうきんで一方向に水拭きしましょう」

2.靴箱

髙橋「今だからこそ、玄関掃除にプラスして、靴箱も掃除しましょう。靴箱はニオイがとてもこもりやすいです。もうじきくる梅雨の時期になれば、雨に濡れたままの靴をそのまま入れてしまうとカビの原因にもなります。

靴箱の靴をすべて出し、重曹を水に溶かしてスプレー容器に入れたものをぞうきんに吹きかけます。このとき、重曹水にお気に入りの香りのアロマをプラスして入れるのもおすすめです。

吹きかけたぞうきんで靴箱の中、全体を拭きます。拭き終わったら、水気が完全にとれるまで乾かしてから、通気させて靴を戻します」

3.レースカーテン

髙橋「家にいることが増えた今だからこそ、レースカーテンをきれいにすると、清々しい気持ちになりますよ。

レースカーテンの洗い方はとても簡単。洗濯機の手洗いコースやおしゃれ着コースで洗います。デリケート衣類に使う中性洗剤と好きな柔軟剤を入れて回します。

シワができないよう、脱水しすぎない程度に水気をとってから、風通しの良いところに干しましょう。天気の良い日に行うのがおすすめです。」

4.冷蔵庫

髙橋「キッチンに立つ機会が増えている今、冷蔵庫が汚いと気分が上がりません。ぜひこの機会に冷蔵庫の外側と中のお掃除をしましょう。

まず冷蔵庫の外側は、ふきんに重曹水をスプレーして拭きます。重曹は白浮きしやすいため重曹水で拭いた後は必ず水拭きをし、最後にケバ立たない布で一方向に乾拭きします。

冷蔵庫の中は、一度すべて取り出し、外側と同様に、ふきんに重曹水をスプレーし水拭き、乾拭きの順に拭きましょう。

ゴムパッキンのすきまなどは、スプーンに布を巻き、そこに別のふきんに重曹水を染み込ませたものをあてながら拭いていきます。これで力を入れすぎることなく簡単に汚れを落とすことができます」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます