フォトギャラリー【画像】IHの汚れが気になるなら!ダイソーの「IH掃除グッズ」

コンロに比べて使い勝手の良いイメージのあるIH。電気で加熱するため火傷や火事の心配がなく、平らで掃除がしやすいことから人気を集め、近年はIHを使用している家庭が増えてきています。

しかし、拭き掃除だけでは完全に汚れを落とし切れていない可能性があります。ご自宅のIHは綺麗に掃除できているでしょうか?

ダイソーの掃除グッズで簡単にIHの掃除ができるので、今回は実際に使用してみたレビューとともに4つの商品をご紹介します。

IHはコゲがこびりつくとなかなか取れない

IHは汚れにくいイメージがあるかと思いますが、掃除を怠っているとコゲがこびりついてなかなか取れないことがあります。

一度コゲがこびりつくと、どれだけ拭き掃除をしても汚れが取れません。

我が家のIHも、よく使用するフライパンと同じ形のコゲがこびりついていました。料理は基本週末にしかしないので、IHの掃除も毎日はできていませんでした。

よく作る料理は煮物系。つい吹きこぼしてしまった汁が綺麗に拭き取れておらず、そのまま使用を続けていたら汚れてしまったようです。

天板にこびりついたコゲを簡単お掃除!

実際にIHの天板を掃除してみます。使用するのはダイソーで購入した掃除グッズです。

今回購入したのが、まずIHに限らずガスコンロでも使用できる「スクレーパー 」。隅々までコゲを削りとってくれる掃除グッズのようです!

そして「落ち落ちV」。

消しゴムのような見た目ですが、擦ることでIHの汚れを綺麗に消し去ってくれる掃除グッズです。
果たして効果はあるのでしょうか……。早速検証していきます!

スクレーパー

まずは「スクレーパー」を使用します。

こちらで拭き掃除では行き届かない隙間に溜まったコゲやカスを取り出します。

フックに2種類のスクレーパーがまとめられてありますが、取り外した方が使いやすいです。柔からいプラスチックの素材なので使い終わってからの取り付けも簡単でした。

この2つは先端の形が違い、幅が広い方が少し薄めです。

早速IHの溝部分を掃除していきます!意外と拭き残しが多い部分なので、よく見ると汚れが溜まっています。

細かい汚れですがせっかく掃除するので、しっかり除去しておきましょう。

淵に沿わせてスクレーパーを動かしていきます。

簡単に汚れが取れました。一部分を掃除しただけですがカスが取れました。意外と汚れが溜まっていたことが分かりますね。

使わない時はフックに戻して冷蔵庫などにかけておくことができます。鮮やかなブルーが綺麗で、掃除グッズとは思えないほどおしゃれです!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます