新型コロナウイルス感染拡大による自粛生活で、おうちで過ごすことが増えましたが、おうちの中を綺麗に掃除したり、整理整頓したりする家庭も多いようです。

そんなときに、必需品といえるのが、掃除機です。

「もっと使い勝手の良い掃除機はないかしら…?」「スティック掃除機は1台くらいあってもいいかも」「キャニスター掃除機はあるけれど、スティック掃除機は必要?」など、さまざまな疑問や悩みを抱えているかもしれません。

そこで今回は、最近、人気のスティック掃除機の素朴な疑問やお悩みを、パナソニックの掃除機担当者と家電総合アドバイザーの方に聞いてみました。

スティック掃除機VS.キャニスター掃除機 吸引力は?

スティック掃除機を買おうかどうか迷っているとき、気になることの一つが「吸引力」ではないでしょうか。

やはり、スティック掃除機はキャニスター掃除機よりも吸引力は劣るのでしょうか?ずばり、パナソニックの掃除機担当者に聞いてみました!

担当者「コードレススティック掃除機(以下、スティック掃除機)は吸引力を表示する決まりがないので一概には言えませんが、一般的にスティック掃除機はキャニスター掃除機より吸引力は低いです。スティック掃除機は手元に重さがかかることから、モーターや電池のサイズや重さに限界があるためです。

当社『パワーコードレス(MC-SBU840K)』は名前の通り、高い吸引力にこだわり、205Wの吸引力で当社キャニスター掃除機『プチサイクロン』と同等の吸引力で、数値もあえて公表しています」

吸引力はやはりキャニスター掃除機には劣るものの、表示されているケースもあるようなので、念のため吸引力を確認しておくとよさそうですね。

続いて、家電量販店勤務の経験と、家電総合アドバイザーとしての知識から「家電の虎」で家電にまつわるあらゆる情報を提供するモンブラン店長さんにも聞いてみました。

モンブラン店長さん(以下、モンブラン店長)「今現在は、スティック掃除機の吸引力が劣るということはありません。また、どこのメーカーもコードレススティック掃除機の開発に力を入れているので、心配することはないですよ。

吸引力を求めるならやはりダイソンですね。昔は重たい、うるさい、金額が高いなどありましたが、今はリーズナブルな価格でお買い求めできますよ」

今は、どのスティック掃除機も吸引力が劣ることはないようです。ダイソンもチェックしておきましょう。

小さい子どもがいる家庭におすすめのスティック掃除機は?

ところで、小さい子どもがいる家庭に、あえておすすめのスティック掃除機にはどんなものがあるのでしょうか? 機能のほか、使い方についてもそれぞれに聞いてみました。

パナソニック担当者にインタビュー

――子どもが小さい家庭におすすめのスティック掃除機の機能を教えてください。

担当者「クリーンセンサーがおすすめです。床には目に見えるゴミだけでなく目に見えないハウスダストなどもあります。

クリーンセンサーはダニのフンなど目に見えないサイズ(20μm)までのゴミも検知して赤いランプでお知らせし、キレイになったら青いランプでお知らせするので掃除の完了が目で見てわかります」

――子どもが小さい家庭におすすめのスティック掃除機の使い方を教えてください。

担当者「スティック掃除機はリビングなどに出しっぱなしで置いておくことで、使いたいときにサッと使えるので便利です。1週間に1回掃除機を引っ張り出すのでなく、サッとスティック掃除機でこまめに掃除することで清潔に保てます。

また、すぐ手に届くところに置くことで、ご主人が掃除をしてくれるようになったとの声もあります」

総合家電アドバイザーにインタビュー!

――子どもが小さい家庭におすすめのスティック掃除機の機能を教えてください。

モンブラン店長「まずは、コードレス機能。購入検討している小さいお子様の親御さんの多くは、走る回る子どもがコードにひっかかって転ぶなどのケガを心配しています。

その点、コードがないスティック型はひっかかる心配もありませんし、移動も簡単です。車の掃除に使うときもコードがないと楽チンですよ。

あとは、収納ですね。最近は押し入れというものがない世帯が増え、クローゼットが主流です。クローゼットにコンパクトに収納ができるのもスティック型の魅力。また壁に掛けて置いておけるというメリットもあります」

――子どもが小さい家庭におすすめのスティック掃除機の使い方を教えてください。

モンブラン店長「スティック掃除機は、基本的には充電をして使用するものです。コンセントの部分に触れないように気をつけることは教えてあげないといけません。私には、2歳と4歳の子どもがいますが、基本的には彼らに掃除をお願いして楽しんで使ってもらっています。

またスティック掃除機は掃除をした後に、ゴミを回収するダストカップにゴミが溜まるので、そこを一緒に洗うまでをルーティンとして行っています。特に危ないということはありませんので、安心してください。

ただ2歳の子どものほうは、すぐ壁にかけて置いている掃除を倒してしまいますので、心配な場合はホースなどを外しておけば問題ありません」

スティック掃除機は、従来の手軽に掃除できる便利な点と共に、コードレスは子どもにとってより安全ということが分かりました。また収納性も高く、ちょっと大きい子どもなら扱えるというのも嬉しいですね。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます